お申し込み・お問い合わせ

校舎を探す

マイページ

ホーム > 合格実績 > 2017年度 合格体験記

高等部

さなるの校舎を探す

エリアを選択

エリアをクリック

愛知県

静岡県

岐阜県

ここから本文です。

2017年度合格体験記

磯田 龍矢さん

名古屋大学 工学部 合格 磯田 龍矢 さん(愛知高校)
毎日のサナルが当たり前でした
高1生から3年間エンカレッジコース(受講無制限コース)でサナルに通いました。毎日学校帰りにサナルに来ることが当たり前になっていました。高3で部活引退後、模試結果に危機感を覚え、そこからが一番勉強したと思います。特に英語は単語から意識して詰めました。サナルにいる時間で、勉強は完結させていました。

 

織田涼也さん

名古屋大学 工学部 合格 織田 涼也 さん(静岡北高校)
カウンセリングでの指導を「主体的」に実行し達成
僕は高校入試を経験していません。どんな勉強法が良いか分からなかった時、サナルの先生がカウンセリングでやるべきことを明確にしてくれました。その内容を自分で「主体的」に実行し、達成しました。また、タブレットの画面を「○○大学合格!」と、タブレットを開くたび、毎回「頑張ろう」という気持ちになりました。

 

堀田幸奈さん

名古屋大学 農学部 合格 堀田 幸奈 さん(名古屋国際高校)
コツコツ勉強することの大切さ
何よりも大切なのはコツコツ勉強することです。私の受験勉強を振り返ると「高1の時にもっと英単語を…」など、反省点が多くあります。ですが、高1、高2の時から休まず、高3の時はほとんど毎日、サナルで勉強していたことが良かった点だと思います。化学の藤田先生、生物の村杉先生の授業にお世話になりました。

 

渡辺夢芽さん

名古屋大学 経済学部 合格 渡辺 夢芽 さん(時習館高校)
3年間サナルで勉強し続けたからこその合格
私が名大に合格できたのは3年間サナルで勉強し続けたからだと思います。部活で疲れていても、サナルに行こうと心がけていました。サナルでは毎月面談があり、先生と話をし細かく勉強計画を立てることができた点も良かったです。後輩の皆さん、友達と励まし合い、努力を怠らず、何事にも全力で取り組んでください!

 

永井貴大さん

名古屋大学 理学部 合格 永井 貴大  さん(大垣東高校)
サナルで実感した予習・復習の大切さ
僕がサナルで頑張ったのは、『名大理系数学演習』の授業で学んだ、予習・復習です。復習法を実践してみると、改めて自分が理解しきれていない部分が見えてきて、すごくためになりました。また、予習をすることで授業のとき、問題の何が見えていないのか、ポイントは何か頭の中にスッと入ってきて、理解が深まりました。

 

出口暁士さん

名古屋大学 法学部 合格 出口 暁士 さん(菊里高校)
高1からほぼ毎日サナルに通いました
大学受験において高1のはじめから、ほぼ毎日サナルに通い、しっかり勉強できた点が大きかったです。高校の進度よりも先取りできるアット・ウィル(映像授業)は良いサポートとなることも実感しました。高3からは、部活の時間が勉強の時間に変わるだけだったので、あまり苦ではありませんでした。

 

齋藤貴允さん

名古屋大学 医学部保健学科 合格 齋藤 貴允 さん(半田高校)
サナルの力で部活と勉強に力を出し切れました!
僕はサナルを最大限利用していました。サナルには刺激しあえる仲間がいて、行くだけで勉強モードになれる最良の学びの場でした。僕自身、高校で部活も勉強も頑張る先輩のキラキラした姿に憧れ、「自分もこうなりたい!」と思い、サナルを使って両方に全力で取り組みました。本当に「第二の家」でした。

 

中村有美香さん

名古屋大学 医学部保健学科 合格 中村 有美香 さん(掛川西高校)
部活が忙しい時も、高1から学校帰りサナルに来て勉強
私は高校3年間、サナルで勉強し続けました。1年生の夏頃から朝からサナルに行き、夜10時まで勉強する生活をしていました。部活が忙しい時も、学校帰りは必ずサナルに来て勉強しました。月1回のカウンセリングはとても楽しく、やる気にも繋がり、そこで先生は的確な指導・アドバイスをしてくださいました。

 

野村映菜さん

名古屋大学 医学部保健学科 合格 野村 映菜 さん(明和高校)
自分を変えた、サナルの先生との出会い
私は高3になるまで「受験」を意識したことがなく、その時に出会ったのがサナルの先生です。私と同じ目線で話してくれた先生は初めてで、アドバイスをもらいながら、初めて自分自身で将来を考え、自分で道を決めることができました。先生に出会い、サナルの仲間達と共に頑張ったからこそ合格できたのだと思います。

 

山本 千穂里さん

名古屋大学 医学部保健学科 合格 山本 千穂里 さん(藤枝東高校)
同じ学部を目指す仲間の存在
片道1時間以上かかる通学の中、ほぼ毎日ある部活と勉強との両立は大変でした。そんな時、サナルがあったから、高1から「勉強」への意識を持って生活できました。サナルに同じ学部を志望する仲間もいて、彼女と情報交換をして自分の勉強法に取り入れることもでき、先生はいつも明るい声で励ましてくれました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12