お申し込み・お問い合わせ

校舎を探す

マイページ

ホーム > 合格実績 > 2017年度 合格体験記

高等部

さなるの校舎を探す

エリアを選択

エリアをクリック

愛知県

静岡県

岐阜県

ここから本文です。

2017年度合格体験記

嶋岡 菜々子さん

名古屋大学 工学部 合格 嶋岡 菜々子さん(浜松西高校)
サナルの先生がやるべきことを示してくれました
サナルの先生は、私の実力にも努力にも見合わない高い志望を笑うことなく、現状の成績と志望校との差を明確に指摘してくださり、やるべきことを示してくれました。そのおかげで私は今までの「何となくやる、面倒くさい勉強」を「目的と達成度が見える勉強」に変えることができ、無事合格を勝ち取りました。本当にありがとうございました。

 

山本 航大さん

九州大学 工学部 合格 山本 航大さん(安城東高校)
サナルに通いつめた勉強漬けの日々
僕は勉強への意欲はありましたが、テストで満足な点数が取れることが少なく部活との両立もうまくできていませんでした。そこでサナルや学校の先生と相談し部活を辞め勉強に専念しました。そこからはサナルの先生に厳しく指導してもらい、毎日サナルに来て勉強しました。先生方にはとても感謝しています。

 

山田 大雅さん

横浜国立大学 理工学部 合格 山田 大雅さん(岐阜高校)
野球部練習後も必ずサナルへ。先生との面談も精神的支えに
僕は小6から7年間サナルにお世話になりましたが、高等部の3年間の中で「部活と勉強の両立」が一番の課題でした。僕は野球部に所属し、練習後に必ずサナルに行っていました。集中して勉強に臨むため、先生方との面談で大学や就職の話題でモチベーションを上げていただいたことが、自分の中で大きな精神的支えになったと感じています。

 

近藤 慶さん

同志社大学 商学部 合格 近藤 慶さん(名古屋南高校)
僕のアット・ウィル英語・日本史お薦め講座
僕のお薦めは安部先生の『スタンダード英語長文読解~英文をスイスイ読む技術~』と松田先生の『高校日本史』です。『スイスイ』は英語の文構造・長文の流れが理解できる講座だと思います。何度も音読することで、より力がつきました。『高校日本史』は日本史の流れ・重要なポイントを自然と覚えてしまうほど、自分にとって良い講座でした。

 

伊勢 知香さん(韮山高校)

千葉大学 園芸学部 合格 伊勢 知香さん(韮山高校)
「1年から頑張ってきた」と自信をもって受験本番に臨めた
私は入学当初のテスト結果があまりに悔しく、それ以来、高校3年間はすべて手を抜かずに勉強しました。長期の休みも毎日ハイスクール@willに行き、宿題はできるだけ早く終わらせ、すべて苦手な単元の対策に費やしました。演習問題に早く取り掛かり、志望大学他、同レベルの3大学の赤本を5年分以上、時間にゆとりを持ってできました。

 

水野 良哉さん

名古屋大学 工学部 合格 水野 良哉さん(桜台高校)
サナルで1年生から勉強のペースを掴むことができました
僕は高校入試での結果が悔しくて1年生からサナルに入ろうと決意しました。昔から自分で計画を立てて、コツコツ勉強するのがあまり得意ではなかったのですが、サナルに行くことで1年生から勉強のペースをある程度掴むことができました。また、G先でお馴染み、合田先生の物理の映像授業を受講し、苦手意識が吹っ飛びました。

 

田中 雅人さん

愛知教育大学 教育大学 合格 田中 雅人さん(春日井高校)
「続ける」ことの大切さ
皆さんに伝えたいのは「続ける」ということです。受験で培ったものは全て自分自身の力になります。毎日英単語の勉強をした。毎日サナルに通った。これらを続けることで自信にもつながり、試験当日、強い味方になります。僕は学校の図書室で朝の1時間と昼の40分に勉強するという生活を一日も休まず続けました。やって良かったと思います。

 

原田 悠花さん

立教大学 経営学部 合格  原田 悠花さん(千種高校)
『大学フェア』で生の声を聞き、志望校が定まりました
私は国際系の学部に進学したいと思っていました。しかし国際系の中でも言語・文化など学びたい領域が定まっておらず、なかなか一つの大学・学部に絞れませんでした。そこで私はサナルの『大学フェア』に訪れ、大学の方の生の声を聞き、自分の悩みを相談。その結果、自分の一番学びたいことと合う大学を見つけることができました。

 

吉田 侑加さん

愛知県立大学 外国語学部 合格 吉田 侑加さん(名東高校)
面談を機に英単語を入試ハイレベルまで完成
高2の秋、サナルの先生との面談で英単語テストを受け、今まで習った範囲でも忘れていることがわかり、「このままではまずい!」と強く思いました。そこから単語だけは何としてもどんどん進めていこうと決め、受験までに入試ハイレベルまで完成させました。その結果、高3の夏は他の教科に多くの時間を割くことができました。

 

室伏 真奈さん

信州大学 工学部 合格 室伏 真奈さん(御殿場南高校)
部活引退後、毎日校舎に通い、勉強が習慣化
私は高3の5月まで陸上競技部に所属し、部活にのめりこんでいました。アットウィルのセミナーで「夏休みの勉強は1日最低13時間」と聞き、エンジンがかかりました。それから毎日校舎に通い、先生の励ましの声、ブースでひたすらペンを動かす仲間の姿に沢山の刺激をもらい苦痛だった勉強が、やらないと気持ち悪くなるほど習慣化しました。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12