グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 佐鳴予備校について > サナルコラム > 新学年を迎えるにあたって

新学年を迎えるにあたって


学年の変わり目は成績向上のチャンス!

過去の自分をリセットして

桜前線が話題にのぼる季節。4月になると、いよいよ子どもたちは学校で新学年を迎えます。クラスや先生が変わり、新しい環境に身を置く時期。それぞれが新鮮な気持ちを胸にスタートを切ることでしょう。
学年の変わり目は、一年のうちで最も重要なチャンスと位置づけられます。過去の自分をリセットし、「よし、やってみよう!」と気持ちを切り替えるにはベストなタイミング。サナルでも、進級や進学をきっかけにやる気を出し、成績を伸ばす生徒は少なくありません。

最初のテストが勝負

このチャンスを活かすために、私たち周囲の大人が知っておきたいポイントがいくつかあります。
一つ目は、「序列意識」について。人間は、一定の集団の中で長い時間を過ごすと、自分の位置を勝手に決めつけてしまう傾向があります。学習を例に挙げると、子どもたちは数々のテストを経験するうちに、「自分の成績はこれくらいなんだ」「あの子には絶対勝てない」…などという気持ちになりがちです。実際にはそう思い込んでいるだけで、同じ学年の生徒たちに決定的な実力の差はありません。ただ、そういう意識が固定化してしまうと、「自分は、このままでいいんだ」というあきらめにも似た気持ちが生まれ、せっかくの向上心も失われてしまいます。
さらに、その意識は困ったことに、周囲の人間にも作用します。「この子の成績はこのくらい」「○○高校はとても無理」…など、保護者や教師が決めつけてしまうと、そこから抜け出すのはますます難しくなります。
このような「序列意識」を打破するチャンスが、まさしく学年の変わり目です。集団の枠組みが変わり、身近な友人や担当の先生が変わると、以前の集団を支配していた意識~勉強やスポーツで「あの子はこれくらいだった」という曖昧な記憶~は、良い意味で一度崩れ去ります。そしてそれは時間を置いて、今度は新しい集団の中で再構築されていくことになります。
勉強においては、その機会がまさしく最初のテスト。好成績をおさめることができれば、「自分はできるんだ」「このまま上位のグループにいたいな」と思うようになり、さらに高い目標を掲げて、前向きに勉強するようになります。また、周囲から「あの子はがんばっている、優秀だ」と認められ、ますます学習に対して積極的になることでしょう。“新学期はスタートダッシュが肝心”と言われる理由は、ここにあるのです。

過去に縛られるのではなく

二つ目のポイントは、「気持ちの切り替え」です。新学期、子どもたちが手にする真新しい教科書やテキストは、どの教科も新しい単元から学習が始まります。その一ページ目を開く瞬間は、誰もが新鮮な気持ちになり、モチベーションも高まることでしょう。
勉強は、過去にとらわれずにその単元に入るところからきちんと取り組めば、一定の成果が出るものです。1学期(前期)の学習は基本的な内容も含まれるため、一つ一つを丁寧に理解して確実に定着させれば、高得点をマークすることは十分に可能です。
ここにおいて避けたいのは、教師や保護者がよく「学問は積み重ねだ」という発想から、前年度の総復習や苦手分野の克服を強制してしまうケースです。一見もっともな考え方のようですが、それだけを押し付けてしまっては、子どもは気乗りがしません。確かに勉強はある程度積み重ねですが、周囲の大人が「前の学年でこうだったから…」と過去に縛られるのは望ましくないでしょう。この時期はむしろ、「新単元からがんばろう」「さあ、ここからだ!」と、気持ちを前向きに切り替えさせたほうが効果的です。

成績はいつからでも伸びる

現在、サナルの教室では、多くの新入生を迎えて活気ある授業が行われています。ここでは、多くの生徒たちが目標を高く掲げ、その達成に向けて努力を積み重ねています。先輩たちの中には、「成績はいつからでも伸びる」という事実を証明した生徒も少なくありません。子どもたちが自己変革を遂げるきっかけはさまざまですが、高い志とたゆまぬ努力があれば、成果は必ずかたちに現れます。私たち教師もフレッシュな気持ちに立ち返り、“学年の変わり目”というチャンスを逃さぬよう、子どもたちの学習意欲を向上させる指導を行ってまいります。

(2017年3月/Hello!SANARU掲載)