グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 佐鳴予備校について > サナルコラム > ライバルは、いるか。

ライバルは、いるか。


共に戦う仲間がいた

サナルの生徒たちが受験の思い出を綴った『合格体験記』。そこには、夢に向かって努力することで成し遂げた、一人ひとりの成長のドラマが詰まっています。志望校合格への決意、受験勉強で直面した困難、それらを乗り越えるための努力、勇気づけられた教師の言葉、応援してくれた家族への感謝・・・。そして一際目を引いたのが、サナルで一緒に学んできた「友」や「仲間」に関する記述でした。
「みんなと競い合い、励まし合いながら勉強してきました。合格できたのは、良き友に出会えたおかげです」「苦しい受験勉強を最後までやり切れたのは、一緒に戦った仲間が支えてくれたからです」「夏期合宿を経験して『上には上がいる』ことを知りました。ライバルに負けたくない一心で、最後まで頑張りました」…。切磋琢磨しながら伸ばし合う学習環境。それはサナルが誇る伝統の一つであり、今も塾生たちの頑張りと成功を支える礎となっています。

競い合いによる学習効果

勉強でもスポーツでもそうですが、人は厳しい環境に身を置くことで磨かれます。誰かと競い合う中で、「○○に負けたくない!」と強く思うこと。その気持ちは、向上心を芽生えさせ、自分を突き動かす原動力になります。また、一人で頑張るよりも、互いに張り合える仲間がいたほうが、モチベーションが上がりやる気も持続します。苦しい時も励まし合えるため、挫折もしにくくなるでしょう。
高い意識や能力を持つ仲間と一緒に学ぶことにより、高い学習成果を得られる。これは“ピア効果”と呼ばれ、中学・高校受験の学校選びでも注目されているキーワードの一つになっています。事実、有名進学校の生徒たちは、相乗効果により一人ひとりが学力を向上させ、例年高い合格実績を挙げています。   

「勉強のライバル」を見つけて

勉強において身近に「ライバル」と呼べる人を見つける時、その選び方は重要なポイントです。自分よりはるかにレベルの高い人と比べると、挫折感を味わうとともにモチベーションも下がってしまうかもしれません。逆に、自分より劣っている人と比べても成長は望めないでしょう。自分を奮い立たせるためには、自分と同じ程度か、少し上のレベルの相手を見つけるのが良いようです。
そして、ライバルを決めたら、「あいつには負けたくない!」と心の底から強く思うこと。競争すると決めた相手には、「何としてでも勝とう」と努力しなくてはいけません。その気持ちが、大きな力を発揮するためのエネルギーになります。同時に、「○○のおかげでやる気が高まり成長できるんだ」と思えば、ライバルとの競争も楽しくなり、目の前の勉強も充実していくことでしょう。

(2018年5月/Hello!SANARU掲載)