時間の使い方を工夫して勉強に
集中できたことが合格のカギだね
高校3年間アットウィルに
通い続けて、成績が伸びました

早稲田大学
文化構想学部合格

高校3年間アットウィルに通い続けて、成績が伸びました

  • STUDENT
  • 山田 泰啓さん
  • 韮山高校出身
  • TEACHER
  • 石丸 航
 

山田 泰啓さんの…

将来の夢

未定です。大学生活を通して「これ」というものを定めたいです。

早稲田大学へ入ろうと思った理由

数学が苦手だったので得意の英語を生かせる大学を目指しました。

私を支えたもの・こと・ことば

友人と遊ぶこと。受験期は勉強に力を注いでいましたが、友人と息抜きにバスケットボールをしたり、カラオケに行ったりすることでメリハリをつけていました。

受験生活HIGH↑& LOW↓!

志望校の模試を友人と東京へ受験しに行った時。実力を確かめ、友人と頑張ることで燃えることができました。

高校入学直後に受けたテストの結果が芳しくなかったことです。

Interview

石丸:久しぶり! 大学生活はどうかな?

山田:とても充実しています。バスケットボールサークルと、コーヒー同好会、そして留学生のインターンを支援するサークルの3つを掛け持ちしながら、大学生活を満喫しています。

石丸:楽しそうで何よりだよ。改めて、高校生活を振り返ってみるとどうだったかな?

山田:高1の時の定期テストで最下位に近い成績を取ってしまったことが印象に残っています。ただ、その経験をしたからこそ、予定がない時は友人と一緒に校舎に来て、勉強してから帰るという習慣を作れたと思います。高校3年間、アットウィルに通い続けたことで、学習習慣も身につき、成績も伸びていきました。

早稲田大学戸山キャンパス正門です

石丸:確かにほぼ毎日、山田くんと校舎で会っていたね。受験勉強を通して意識したことは何かな?

山田:得意な科目から力を伸ばすことです。僕は他の科目と比べて英語が得意だと思っていました。石丸先生からも太鼓判を押してもらっていたので、英語から力を伸ばす作戦が得策だと感じていました。英語に自信があったからこそ、他の科目を勉強する時もじっくり取り組めたと思っています。

石丸:英語はピカイチだったものね。受験期の生活面で意識したことはある?

山田:勉強時間と休憩時間のメリハリをつけることです。長時間机に向かっていても、集中力が低い状態では学習効果もそれほど見込めませんし、何より疲れやストレスも溜まってしまうと思います。僕は、睡眠時間をしっかり取り、万全の体調でベストな学習ができるように意識していました。他にも、友人とバスケットボールをするなど、リラックスする時間も作ったことで、校舎に来て勉強する時も集中力を切らすことなく取り組めました。

石丸:時間の使い方をしっかり考えて勉強に集中できたことが、合格のカギだね。最後に、後輩へのアドバイスをお願い!

山田:大学受験は長い道のりだと思いますが、勉強と休憩のバランスを意識しながら、皆さんの目標とする大学へ向けて頑張ってください。応援しています。

石丸:今日はどうもありがとう! 今後も充実した大学生活を過ごしてね。

 
山田 泰啓さん
韮山高校出身
部活 英会話部
入塾時期 高1/4月
部活引退時期 高3/5月
合格大学 早稲田大学
文化構想学部
 
石丸 航
担当カウンセラー

早稲田大学教育学部卒業。データに裏打ちされた受験学習指導、きめ細かい学習進捗チェックと保護者サポートで、旧帝大合格者や医学部医学科合格者を輩出。熱血指導が魅力の生徒たちの頼れる兄貴分。『螢雪時代』臨時増刊号(旺文社)に模範解答も寄稿。

「オカルト芸術論」の講義の様子です
戸山キャンパスでは映画や宗教、哲学など、
多岐にわたる授業を受けられます

早稲田祭の時の大隈銅像です
銅像に登ると即退学になるらしいです

Message

 

山田 泰啓さんから後輩へのメッセージ

受験勉強をする時は、とにかく長い時間を勉強に費やすという人も少なくないと思います。ですが僕は、睡眠やリラックスできる時間をしっかり取ることの大切さを皆さんに伝えたいと思います。根詰めて学習をすると、脳の働きが鈍ってしまうと考えていたので、実際に僕は友人と息抜きをするなど、勉強以外のことをする時間をきちんと取っていました。つまり、勉強を集中して行うことと、その勉強を継続するための休憩のメリハリをしっかりつけることが志望大学へ合格するために必要だと思っています。皆さんも、頑張ってください。

 
 

山田 泰啓さんから石丸先生へ

的確な勉強教材や、やるべきことを提示していただいたこと、現代文の映像授業を紹介してもらったことなどが早稲田大学合格に繋がりました。本当に感謝しています。

 

石丸先生から山田 泰啓さんへ

自分を客観視することができる山田くんは、どうすれば自分の成績が伸びるのかを常に考え、効率よく学習しようとするクレバーさがあったよね。どこまで伸びていくのか、僕も指導をしながら楽しみにしていたよ。

Time schedule

Point

睡眠時間を惜しまないことです。前日やその日の疲れを翌日に持ち越さないことは、勉強をしていない時でも大事だと思ったので、しっかり睡眠をとり 、健康優先でベストな学習ができるようにしていました。