グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 岐阜県:高校入試情報 > 岐阜県高校入試情報 平成30年度導入の新方式について

岐阜県高校入試情報 平成30年度導入の新方式について


主な変更点は、下記の通りです。

1.入学者選抜制度に関する変更

①岐阜県立高等学校の通学区域(学区)を廃止し、全県一区とする。
②一部の県立高等学校において県外からの募集枠を設ける。

2.学科に関する変更

岐阜高等学校・各務原高等学校・岐阜工業高等学校・多治見高等学校の4校で実施。

1-①.全日制・学年制普通科の全県一区化について

これまでも、専門学科・総合学科・単位制普通科は県内全域から受検可能でしたが、平成30年度(2018年度)より、全日制・学年制普通科も含め、全ての高校が全県一区となります。従って現中学3年生より、県内全域から岐阜県立高等学校の全ての高校を受検できるようになります。

1-②.県外からの募集枠を設ける高等学校について

特色のある教育内容や、全国で活躍する部活動を実施している県立高等学校を対象に、県外からの募集枠(各校につき数名程度)を設けます。

《対象高校名(分野)》
加納(音楽)・不破(スポーツチャンバラ)・海津明誠(ヨット)・関有知(ライフル射撃)・八百津(ボート、カヌー)・東濃(ロボコン)・多治見工業(セラミック)・恵那農業(園芸)・坂下(福祉)・高山工業(建築インテリア)・飛騨神岡(ロボット)

2.学科に関する変更について

以下の4高校において、学科改変が実施されます。

■岐阜高等学校
全日制課程・普通科→単位制による全日制課程・普通科に変更。

■各務原高等学校
理数科・英語科→募集停止(普通科のみで募集)。

■岐阜工業高等学校
●機械科→航空機械工学科に変更し、航空宇宙産業に関する学習を追加。
●8学科を4学科群に再編し、学科名称は「○○工学科」に統一。
●平成30年度の入学者選抜は、学科群(航空・機械工学科群/電気・電子工学科群/建築・デザイン工学科群/化学・設備工学科群)ごとの募集とする。

■多治見高等学校
●普通科自然科学コース→募集停止。
●全日制課程・普通科→単位制による全日制課程・普通科に変更。


以上は、「平成30年度 入学者選抜制度に関する変更及び学科改変等について」(平成29年7月11日(火)岐阜県発表資料)に基づいて作成しました。