グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ワンポイント分析(英語)


「速く」「正確に」長文を読む力と、英語で自分の考えを表現する力が求められる。
大問1・リスニング、大問2・短文読解、大問3・長文読解(図表入り)、大問4・対話文読解、大問5・整序英作文、大問6・自由英作文という問題構成。大問4は今年度は対話文の出題でした。大問3の問3では、自分の考えを英文で書く問題が昨年に引き続き出題され、読解と英作文重視という点は変わりありません。
全体を通して読まなければならない英文の分量が多く、「根気よく」そして「速く」英文を読む力が問われました。特に大問4は、接続詞や関係代名詞、分詞などを用いた、修飾関係が複雑な英文が多用されており、読解のベースとなる文法(特に中3で学習する内容)をしっかりと理解できていないと、正確な意味をつかむのに苦労します。文法・語句の知識という基礎を固めた上で、読解や英作文の練習をどれだけ行ってきたかが得点差につながりました。

Pick up!

大問3問3 「自由英作文」
本文の内容に合うように、自分の考えを英語で書く問題。本文は、岐阜を訪れる外国人観光客に関する図表つきの長文問題です。直前のI’d like to do something to have more foreign tourists in Gifu. に続くように英語を書く必要があります。この文は、「私は岐阜により多くの外国人観光客が訪れるために何かをしたい」という意味で、次の文がFor exampleから始まっていることから、外国人観光客を増やすための具体的な方策が求められています。(For example, I) will write about good places in Gifu on the Internet(.)などの解答が考えられます。