グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ワンポイント分析(社会)


3分野にわたる広い知識が高得点のポイント。
出題形式は例年と大きな変化はなく、「歴史」・「地理」・「公民」の大問3つの構成です。
各分野の出題数も歴史が13問、地理が12問、公民が13問と大きな変化はありませんでした。
問われ方も一問一答、選択式の問題、短文論述、資料読み取りによる短文論述と例年の聞かれ方から大きな変化はありません。むしろ、歴史・地理の資料分析問題は単純にグラフを読みとる問題となっており、例年より難度は下がっております。全体として、きちんとした学習量があれば答えることができる内容でした。1年を通しての知識量の積み重ねが高得点につながります。