グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



授業


静大生の声

静岡大学では、教員の方にサークル活動やアルバイトなど、さまざまなことについて相談することが出来ます。学習面だけではなく、学生に対しオープンな方が多く気軽にコミュニケーションをとる雰囲気が形成されており大学生活において助けになっていると思います。教員の人間性も大学の魅力のひとつだと思います。

大学の先生、いわゆる“教授”と呼ばれる方々に対して、高校生はどのようなイメージを持っているのでしょうか。私は“変人”というイメージを持っていました。非常にモノ好きで、研究テーマに没頭し、一般人とは合わないようなイメージを持っていました。しかし、私がお世話になっている先生方はフレンドリーで面白い人ばかりです。授業でわからないところがあっても質問をしに行けば、理解できるまで何回も丁寧に教えてくださります。

大学では大講義室で授業を受けることも多いがとても分かりやすく、質問にしっかり答えてくれるのでとてもよい。数学・英語などでは高校内容に触れてくれる先生もいるので、高校と大学の知識をしっかりつなげることができます。もちろん先生方の性格によって様々ではあるが、大学全体でみると勉強しやすい支援もたくさんあるように見える。

大学の授業で就職について考えていく授業があります。その授業で静大を卒業した社会人が自分の今行っている職業について話をしてくれる機会があります。仕事の話も興味深いですが、どんな会社に就職するのがいいのか、といった事や大学生のうちにやっておいたほうが良いことなど、とても将来の役に立つものでした。