グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 中学生 > 高校入試対策(中3) > 受験対策模試

受験対策模試


本番さながら!入試レベルの試験に挑戦。

受験勉強が本格化する8月から、ほぼ毎月1回、計7回の模擬試験を実施しています。本番さながらの雰囲気の中で入試レベルの問題に繰り返し挑戦することで、実力テストに強い学力・得点力を身につけることができます。各県の公立高校の入試形態にあわせた予想問題に複数回チャレンジすることで、出題が予想される問題パターンのほとんどを経験できます。

受験対策模試

静岡県 静岡県進学模試
愛知県 愛知県進学模試・難関私立高模試
岐阜県 弱点発見模試

進学模試のポイント

Point1「正確な合格可能性判定ができる」

進学模試は、受験者が多いのが何よりの特長。過去の蓄積データを踏まえた成績処理で、大規模集団における自分の位置を明確にし、偏差値をもとに志望校の「合格可能性判定」を示します。各教科の成績診断によって自分の弱点が明確になり、受験勉強の具体的な指針を得ることができます。

Point2「出題傾向や雰囲気に慣れる」

各教科の問題は、公立高校入試の出題傾向を分析・研究し尽くして作成され、形式や出題レベルなどをできるだけ入試本番に近づけています。試験は本番さながらの雰囲気の中で行われるため、入試のシミュレーションとして最適です。

Point3「アフターケアも完璧」

実力アップに欠かせないのが、受験後のアフターケア。「解答・解説と類題」には、設問ごとの詳しい解説と類似問題を掲載しています。弱点をしっかり補強し、同じパターンの問題にもう一度挑戦することで、実践力を高めることができます。

個人成績表

詳細・精確なデータで成績を診断

受験後に発行される「個人成績表」には、結果を多角的に分析したデータが満載。受験者は現状の自分の学力をしっかり把握することができ、「志望校合格に向けて何をどう勉強したらよいか」という道筋を手にすることができます。第1回からの成績推移が得点・偏差値で示されるため、『受験校選択の羅針盤』として多くの受験生が活用しています。

個人成績表