グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2018年度合格体験記 > 【中学受験】 合格体験記2018

【中学受験】 合格体験記2018


「結果」より「過程」が大切
中学受験とは、自分の人生を素晴らしいものにするための第一歩。「結果」より「過程」が大切だと思います。サナルで自分の弱点を知り、学力を伸ばすことができました。入試本番までに何を学び、何を得てきたかが重要だと思います。

積み重ねが合格につながった
模試で良い結果を出せなかった悔しさをバネに、自分の苦手な部分や間違えた問題をサナルの先生方に聞き、次は確実に解けるよう一生懸命努力しました。積み重ねが合格につながったのだと思います。感謝しています。

繰り返し復習して得点力アップ
中学受験クラスはテキストが難しく、毎回の授業で確認テストもあり、とても大変でした。間違えた箇所を繰り返し復習することで、確認テストで高得点をとることができました。後輩のみんなもサナルを信じて頑張って!

受験は夢を叶える通過点
「受験は、あくまでも将来の夢に向かう過程だ」。ぼくは、このサナルの先生の言葉で、目の前の中学受験がすべてではないのだと気づかされました。この言葉のおかげで、本番はリラックスして問題を解くことができました。

たくさん経験して強くなれた
夏期講座や作文講座に加えて、2泊3日の夏期合宿での長時間勉強。サナルでたくさんの経験をして、学力と強い心が身につきました。受験は自分一人で戦うのではありません。家族やサナルの先生が背中を押してくれています。

仲間の大切さを知った
受験勉強を通して、共に学んでいく仲間の大切さを知りました。サナルで友だちや先生に囲まれた環境で学習したことは、とても励みになりました。みんなで励まし合えたからこそ、ここまで頑張れたのだと思います。

諦めずに努力することが大切
模試で良い結果が出ないことが何度もあり、何をすれば良いかわからなくなったこともありました。受験を通して、弱い自分に負けず、目標に向かって諦めずにコツコツ努力することの大切さを知りました。

サナルに通っていて良かった
サナルで苦手な算数を練習し、わからなかったところは学トレでまた練習しました。本番まで模試を何回も解き、入試の問題に慣れていきました。「合格」を知った時、「本当にサナルに通っていて良かった」と思いました。

受験後は達成感でいっぱい
「合格」の文字を見て、家族と泣いて喜び、「よく頑張った!」と自分で自分をほめました。受験は大変だったけれど、試験の後は達成感でいっぱいでした。がむしゃらに努力を続けたからこそ、努力が報われたのだと思います。

競い合えるライバルがいた
「一緒に勉強しよう」そんな言葉で仲良くなれたライバルがいます。一人で前を向くのではなく、お互いに協力したり競争したりすることで受験が楽しくなりました。真剣に勉強できるようになり、サナルには感謝しています。

自分を信じて挑んだ結果
受験勉強を続けていくうちにだんだん楽しくなり、「こうなりたい」という自分の意志を持てるようになりました。夏期合宿に参加し、自習室も多く利用しました。家族やサナルの先生、そして自分を信じて挑んだ結果です。

高め合える仲間に会えた
サナルには、わからない問題を教え合うことができる良い友達がいます。教えることで自分もきちんと理解でき、受験勉強にプラスになりました。サナルで一緒に高め合う仲間に出会えて、本当に良かったです。

サナルの友達や先生に感謝
切磋琢磨できる友達や、わかりやすく教えて下さったサナルの先生方が、自分の心の大きな支えになっていました。受験当日も先生方と握手をしたことで、自信が湧いてきました。本当に感謝しています。

仲間に追いつこうと努力した
くじけそうになった時もあったけれど、自分より成績の良い仲間に追いつこうと努力を続けました。サナルの先生の言葉にも励まされました。僕が合格できたのは、サナルの先生や家族、良き仲間たちのおかげです。

納得いくまで教えてくれた
私が附属中学校に合格できたのは、サナルのおかげです。毎回のテストで良い点数がとれないと、先生が個別に声をかけてくれて、納得いくまで教えてくださいました。受験当日も前向きな気持ちで頑張ることができました。

先生の言葉に勇気づけられた
サナルの先生は、わからない問題をわかりやすく解説してくれるので頼りにしていました。先生方がかけてくださる言葉に勇気づけられ、入試当日は自信をもって取り組むことができました。

努力は人を裏切らない
合格通知を見た時に、とてつもない喜びがこみ上げ、「努力は人を裏切らない」ということを実感しました。ここまで頑張ってこられたのは、家族や友人、サナルの先生方に支えていただいたおかげです。感謝しています。

諦めなくてよかった
少年野球をやりながらの受験勉強だったので、週12時間以上サナルで勉強という、とても過酷な日々でした。合格した時、「本当に諦めなくてよかった」と心の底から思いました。サナルには感謝の気持ちでいっぱいです。

最後まで努力を続けた
冬期講座で自分の実力を知り、「もうだめだ」と思った時、サナルの先生から「最後まで努力しよう!」と言葉をかけられました。入試前日まで諦めずに努力を続けたことが、今回の結果につながったのだと思います。

努力は必ず実る
「なぜ、これほど勉強しなくてはならないのか?」そう感じ、何度も諦めかけました。その度に、一緒に戦っていた仲間、支えたくれた家族や先生方を思い出し、頑張ることができました。全力で戦えば、努力は必ず実ります。

やる気をもらって感謝
3年間の受験勉強では、内容が難しくなるにつれ、自信を無くす時もありました。サナルの先生方たくさんの言葉をいただき、時には叱咤激励され、涙を流すこともありました。結果、やる気につながりとても感謝しています。

受験して本当に良かった
合格したことをサナルの先生に伝えた時、泣いて喜んでくれました。その涙を見たとき、「中学受験をして本当に良かった」と思いました。悔しかったこともありましたが、諦めずに挑み続けて本当に良かったです。