グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2019年度合格体験記 > 高校受験(愛知県) 合格体験記

高校受験(愛知県) 合格体験記


2019年度 合格体験記

やる気と自信を与えてくれた
サナルの先生とのつながりが、受験で成功した大きな要因の一つだったと感じています。熱心な指導に加え、将来のことを寄り添って考えてくれました。お陰で日々、やる気と自信を保つことができました。皆も力強く進んでください。

チャレンジすることが大事
中3の春は、時習館高校に全く届かないところにいました。夏からサナルで毎日勉強し、自習室に通い続けたおかげで、冬の模試では良い成績を取ることができました。最後まで諦めずに挑戦できて良かった。チャレンジは大事です。

志望校への想いがやる気に
受験勉強を頑張れたのは刈高で野球がしたいという想いがあったからです。成績が上がらず悩んだときは、先生の「やるべきことをしていれば受かる」という言葉を励みにしました。志望校への想いをやる気に変えて頑張ってください。

「挑戦者」として戦った
「本校に合格」その言葉を見た時、思わず涙がこぼれました。夏期合宿では下のクラス、進学模試の判定も悪く、僕は常に「挑戦者」として戦ってきました。佐鳴が常に自分に磨きをかけてくれて、もがいて得た合格だからこその涙です。

サポートがあってこそ
「本校に合格」これを見た時、嬉しさと感謝の気持ちで一杯になりました。サナルの先生は学習面だけでなく精神面でもサポートしてくれました。不安な時、私に寄り添ってくれたのはサナルでした。高校でも頑張っていきたいと思います。

不安や焦りを克服して
合格した時、今まで必死に勉強してきて良かったと思いました。僕は内申がなかなか上がらず、筆記試験で点数を取らないといけない状況でした。しかし、サナルのテキストを何度も解き、不安や焦りを自信に変えることができました。

今までの努力が報われた
模試の結果に浮き沈みがあり、志望校に合格できるのかとても不安でした。しかし、サナルを信じて学トレや講座などを必死に頑張ってきました。「本校に合格」という文字を見たとき、今までの努力が報われたと思いました。

自信を持って受験できた
サナルにいなかったら、豊田西高を目指していなかったと思います。先生が「志望校を下げなくて良い」と言ってくれたので、自信を持って受験することができました。一緒に受験勉強を頑張った友達の支えにも感謝しています。

最後まで諦めないこと
2年生までは、部活が忙しく不真面目なところもあり、成績が落ちてしまいました。3年生になり、今までの二の舞にならないよう、自習室に通い成績を伸ばすことができました。受験は最後まで諦めないことが一番大切だと知りました。

仲間が合格に導いてくれた
受験に対して本気になるのが遅かった自分を、合格に導いてくれたのはサナルの仲間たちでした。自習室で勉強したり、学校にサナルのテキストを持って来ていたりする姿を見て、「自分も頑張らなければ」という気持ちになりました。

一問一問を真剣に
志望校に合格して安心しました。不安や焦りを感じることもありました。それでも、一緒に頑張る仲間や応援してくださる先生方がいたことで頑張ることができました。一問一問にしっかり取り組むことで、解ける問題が増えたと思います。

不安や辛さを乗り越えて
学校の面談で志望校受験は厳しいと言われ、不安を抱えての勉強は想像以上に辛いものでした。しかし、サナルの先生に励まされ、自信を持つことができました。受験勉強が辛い時、周囲には相談に乗ってくれる友人・家族・先生がいます。

自分を信じることが大切
「夏が大事」と言われて勉強に励んだ夏期合宿では、受験の大変さと自分の未熟さを実感しました。合宿を通してしっかり勉強と向き合えるようになり、限界突破を目標に頑張ってきました。受験では、自分を最後まで信じることが大切です。

支えてくれたみんなに感謝
合格までの道のりは自分だけでは進めなかったと思います。緊張や不安で自信がなくなった時、「大丈夫、合格できる」と言って周囲のみんなが自信を取り戻させてくれました。支えてくれた両親、友達、サナルに感謝したいです。

自分の可能性を信じて
小学生からサナルに通い、ずっと旭丘高校に憧れてきました。サナルの先生方に頂いた「低い目標を持ったら、そこまでの努力しかできない。」という言葉を胸に、ここまで頑張ることができました。本当にありがとうございました。

諦めないで良かった!
友達に誘われて「入塾テストもないし」と気軽に入ったサナル。でも、夏期合宿で自分よりもはるかに凄い人たちを目の当たりにしたり、模試などで良い緊張感を持たせて貰えました。志望校を変えずに頑張って良かったです。

夏期合宿でライバルに出会えた
最初はやる気が起きなくて後悔ばかりでしたが、夏期合宿でたくさんのライバルに出会えて、がんばらなくちゃ!と思えるようになりました。合格した時、今まで大変だったけど頑張って良かった、そう心の底から思いました。

努力の量が、自信につながった
サナルの自習室にほぼ毎日通い、どんなに短い時間でも自分が何をすべきか考えて、苦手を克服してきたことが、合格の鍵になりました。今まで努力してきた量が、入試当日に自分の自信になりました。

先輩として3つのアドバイス!
サナルの先輩として3つのアドバイスを後輩におくります。1つ目は、先生から出された宿題をしっかりやること。2つ目は、早いうちから勉強を毎日する習慣をつけること。そして最後は、気持ちで負けないことです!

すべてに感謝!
今春、僕が入学する高校は、サナルに入る前の僕には夢のようなところでした。一年間サナルの熱き心と共に歩み、成績はみるみる上がり、受験することができ、そして合格することができました。僕を支えてくれたすべてに感謝しています。

計画的に学習する大切さ
受験生活を経て、計画的に学習することの大切さを改めて強く感じました。先を見据えてコツコツ学習してきたおかげで、受験の日にも自分の力を信じてリラックスして臨むことができました。次は望む大学へ向かって頑張ります。

毎日自習室に通った
番号が貼り出されたとき、とても驚きました。今でも実感がわきません。共に合格できた友人と一緒に、受験まで毎日サナルの自習室に通いました。良い友人のおかげで続けることができました。とても感謝しています。

一年で人は変われる!
入塾テストをやめると聞いて、チャンスだと思ってサナルに入りました。実力も内申もなかった僕ですが、先生方がわかりやすい授業を展開してくれて、塾に行くのが楽しく、成績がぐんぐん伸びました。たった一年で人は変われます。

サナルを信じて良かった
まわりが成長していく中で、自分だけが伸び悩んでいました。でも志望校を決める時、サナルの先生が「行きたいなら、受けろ!」と言っていただき、その言葉を胸に猛勉強した結果、過去最高点を取り合格することができました。本当に感謝しています。

先生の言葉が支えてくれた
内申が低く、半ば諦めていた自分を、サナルの先生は「お前なら合格できる」と背中を押してくれました。その言葉を希望に、内申や偏差値を上げ、当日も自分を信じて実力を出しきることができました。恩返しのつもりで、高校も頑張ります。

サナルの仲間と励まし合った
夏期講座のおかげで学力がグンと伸び、苦手だった数学も数をこなせばこんなにできるんだと実感しました。投げ出したくなる時もありましたが、サナルの仲間たちと共に励まし合い、第一志望合格まで上り詰めることができました。