グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2019年度合格体験記 > 【高等部】 合格体験記 > 【高等部】 合格体験記(2)

【高等部】 合格体験記(2)


東京大学 文科一類 合格


伊藤 奨真さん(菊里高校)

大学受験は暗記が重要
受験を通して、世界史などでは細かい知識が重要なポイントになることが往々にしてあることに気付きました。実際、教科書の隅にあるような箇所が論述のポイントになることなどです。僕は過去問を徹底して研究し、単語帳と違う意味があった場合は全て書き出して暗記していました。備忘録を作ることも大切だと思います。

京都大学 法学部 合格


浅岡 正宗さん(浜松北高校)

最後まで志望校を貫き通したから合格できました
僕は、ボート部に所属していました。日曜日以外は毎日部活があり、家では勉強できなかったので、サナルに毎日通って勉強するようにしていました。また、苦手な数学を強化するよりも得意科目の国語と地歴公民、そして英語を重点的に強化する作戦を取りました。最後まで行きたいと思う大学を志望して貫き通し、自分の特徴に合った努力をしたから合格できました。

京都大学 理学部 合格


岡田 裕太さん(時習館高校)

高1からコツコツ頑張ってきたから納得いく結果になりました
高1から受験勉強を始めていたことは大きなアドバンテージでした。特に数学と英語は早くから初めて良かったです。部活も平日は夜遅くまで実施していたので、なかなか勉強時間を取れませんでした。しかし、毎日サナルに通って勉強したことが自信に繋がりました。最終的に納得のいく結果になったのは、高1からコツコツ頑張ってきたおかげです。

京都大学 工学部 合格


近藤 優太さん(刈谷高校)

第一志望は変えないという気持ちで諦めずに掴んだ合格です
僕は、高3の夏休み明けくらいに危機感を感じて勉強時間を増やしました。最後までその気持ちは消えることはありませんでしたが、第一志望は変えないと決めて頑張りました。模試の得点が思うように取れず、思い悩むこともありましたが、諦めずに継続したことで徐々に成績も伸び、合格を勝ち取ることができました。最後まで諦めないことが肝心です。

京都大学 総合人間学部 合格


宮近 新大さん(浜松北高校)

難関大の英作文の問題が解けるようになる『ハイレベル英作文』
英作文は、例文や定型表現を覚えて、そこから文を借りてくるように書けば良いと言われています。その素材を手に入れる上で安武内先生の『ハイレベル英作文』は良かったです。難関大入試で頻出の表現や文法が含まれる問題がまとめられているので、習得すればかなり多くの問題が解けるようになります。この講座の問題は徹底的に復習して全て習得してほしいです。

一橋大学 社会学部 合格


柴田 聖也さん(明和高校) 

先生とのカウンセリングがあって良かったです
僕がサナルで本当に良かったと思うのは、先生とのカウンセリングがあったことです。自分のするべきことが分かり、モチベーションも上がりました。オススメ問題集を教えてもらえたことも本当に大きかったと思います。受験中、不安になったりすることもありましたが、カウンセリングで取り除いてもらいました。先生には本当に感謝しています。

一橋大学 社会学部 合格


岩﨑 靖典さん(静岡高校)

安部先生の映像授業で僕の英文の見え方が大きく変わりました
高1の時に受講した英語の講座が安部大世先生の『スタンダード英語長文読解~英文をスイスイ読む技術~』でした。それまではただの文字の羅列に見えてなかなか読めなかった英文が、この授業を受講した後はしっかり文章として読めるようになり衝撃を受けました。英文を読む時、文構造が重要ですが、それも完璧にできたと思います。

一橋大学 法学部 合格


安井 優介さん(旭丘高校)

『特進コース』では勉強への意識が自然と高まります
『特進コース』の一番のメリットは宮崎先生の英語の授業です。先生の授業では解説を最小限に留め、正解までの技術やテクニックを中心に教えるため、得点に直結します。この技術は長文、自由英作文、和文英訳さらには現代文にも通じると思います。そして、自分以上の目標や実力を持った同級生が集まるため、勉強への意識が自然と高まります。

一橋大学 社会学部 合格


横井 崇弥さん(浜松北高校)

サナルに通い詰めたことがとても大きかったです
私は高校進学当初から志望校が決まっていたので、先生とのカウンセリングでは具体的な学習計画を立て、1つずつ消化していきました。おかげで最後まで志望校を変えず、自信をもって受験することができました。受験とは、いかに集中して長時間勉強する日を増やせるかだと思います。その点で、私はサナルに通い詰めたことで優位に立てました。

東京外国語大学 言語文化学部 合格


畔栁 成汰さん(岡崎高校)

合格の秘訣は毎日サナル
合格の秘訣は毎日サナルに来ていたことです。高1から毎日来ていて、高3になってからは22時まで残るようになりました。高2で普通、中だるみになりがちですが、僕は校舎に来校して、一定リズムで勉強していました。日課の学校課題と英単語などをこなしていたら、順位も成績もあがってきました。この時期に安定した勉強習慣があったことが大きかったと思います。