グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2019年度合格体験記 > 高校受験(静岡県) 合格体験記

高校受験(静岡県) 合格体験記


2019年度 合格体験記

つらい時期を乗り越えて
夏期講座や合宿で自分の弱さや甘さを知り、自分を正すきっかけとなりました。つらい時期を乗り越えたからこそ、合格できたのだと思います。支えてくれた両親やサナルの先生、全員で掴んだ勝利です。感謝しきれません。

気持ちを切り替えた
進学模試で数学が急に落ち込み、自信を失いかけていたとき、岡村先生が「気負いすぎるな、絶対合格できる」と言ってくれました。そのお陰で最後まで諦めずに勉強しようと気持ちを切り替えることができました。

受験に「もう遅い」はない
サナルに入塾するまでは諦めていた北高ですが、レベルの高い仲間に刺激を受け、本気で目指そうと思いました。先生方の温かい励ましのお陰もあり、私の1年間の努力は報われました。受験に「もう遅い」ということはありません。

みんなが背中を押してくれた
受験を通して、自分は一人ではなく、支えてくれる人がたくさんいることを感じました。本番が近づいて不安がどんどん大きくなったときも、隣にいた家族や友達、サナルの先生が背中を押してくれました。感謝してもしきれません。

学トレで成績が伸びた
学力トレーニングを始めてから、驚くほど成績が上がりました。志望校に迷っているとき、先生と話す中で自分が良いと思える進路を決定することができました。「合格」の二文字を見たとき、サナルに通っていて良かったと思いました。

先生の言葉を信じて
サナルに入塾した当初は、テキストの難しさに驚きました。「しっかりやればどの高校でも受かる」というサナルの先生の言葉を信じ、取り組みました。最後の進学模試で結果が出なかった時も、先生は応援してくれました。

頑張ってきて良かった
合格発表で自分の番号を見つけた時、ここまで頑張ってきて良かったと心から思いました。さなるで学んだ3年間は、私にとって大きな糧となりました。先生方のおかげで最後まで頑張ることができました。ありがとうございました。

最後は誰よりも努力した
夏期講座のテキストを期日までに終えられず、先生に「軽い気持ちで受けても受からないよ」と言われ、自分の甘さに気付かされました。それからは、他の人よりも努力したと胸を張って言えるくらい勉強し、合格することができました。

お守りとなったテキスト
夏期合宿で刺激を受け、モチベーションを上げていきました。特に、冬期講座のテキストに力を入れました。受験当日も、このテキストは僕のお守りでした。合格は自分の手で掴んでこそ価値があります。諦めずに突き進んでください。

受験を通して成長した
高校受験を通して友達と切磋琢磨することで、共に成長できたと思います。不安になったとき、サナルの先生・友人・家族が励ましてくれました。最後に一番頼りになるのは、自分が今までやってきた勉強量です。

ライバルたちが刺激に
サナルに入塾して、ライバルは他の学校にもいることを知り、大きな刺激になりました。それから熱意を持って勉強に取り組みました。仲間と競い合いながら実力や自信をつけたことで、志望校合格を掴み取ることができたと思います。

自身の限界まで挑戦した
自分の番号を見つけた時、人生で一番嬉しかったです。模試の結果が悪くて諦めそうになったとき、サナルの先生が「絶対大丈夫だから」と力強く言ってくれました。「サナルを信じる」ことで、自身の限界を試すことができました。

佐鳴を信じて良かった
中3になっても「受験なんてまだ先のこと」と思っていました。しかし、佐鳴に行くと頑張っている仲間たちがいて、刺激を受けることで気を引き締めることができました。佐鳴生で、佐鳴を信じてきて、本当に良かったです。

一緒に頑張る仲間がいた
合格を知った時、とにかくうれしかった。進学模試で得意な数学の点数がとれずに悩んだ時期もありました。乗り越えられたのは、周りに一緒に頑張る仲間がいたからです。問題を一緒に解いて教え合うことで、高め合うことができました。

自信を持って受験できた
なかなか結果が出ずに焦った時もありましたが、サナルの先生方がいつも前向きな言葉をかけてくださったので、受験当日は自信を持って臨むことができました。私はサナルに通っていなかったら、合格できなかったと思います。

サナルは特別な場所
サナルは私にとって、特別な場所です。どんなに辛い時もサナルに行くと自然と元気が出てきました。「辛いのは自分だけではない。共に闘う仲間や応援してくれる先生がいる」そう思えました。サナルに通学した3年間が宝物です。

厳しい内申にも負けずに
内申が厳しいという現実を突きつけられて、正直心が折れていました。しかし、サナルの先生に励まされ、努力を重ねることで定期テストの成績が伸び、自信が生まれました。最後には内申を伸ばして、志望校合格を手にすることができました。

頑張ることは素敵だ
私はあまり熱心に勉強するタイプではありませんでしたが、中3の夏期合宿を乗り越えてから意識が変わり、自分との戦いを始めました。逃げたい時も「今だけ我慢」と自分に言い聞かせてきました。頑張ることは素敵だと実感しました。

困難を乗り越えて
猛勉強した夏期合宿や何度も受けた模試など、辛く苦しいこともありました。しかし、これらを乗り越えた自分に恐いものはありませんでした。受験生の皆さんは、あきらめずにサナルの先生の言葉を信じていれば大丈夫です。

受験に対する意識を高めて
佐鳴で月に一度受ける進学模試でライバルと競ったり、仲間と授業を受けたりする中で、受験に対する意識を高めて勉強することができました。支えてくれた先生や家族、すべての人に感謝したいです。高校生活を全力で頑張り、楽しみます。

意識改革が勝敗を決める
中3の夏、「このままでは沼津東に受かるのは難しい」と感じ、意識改革をしました。授業では積極的に発表し、自宅ではメリハリをつけて勉強し、毎日サナルの自習室に行って自分を追い込みました。いつ意識を変えるかで、結果が変わると思います。

高校入試は通過点
合格発表を終えて、努力すれば志望校に合格できることを実感しました。うれしい気持ちもありますが、高校入試は通過点だと思っています。これで満足せずに、大学入試では今までの経験が活かせるよう頑張ります。

友達を見てやる気に
レベルの高い問題に苦戦し、メンタルがぼろぼろになりそうな時もありました。そんな時、周りにいる友達が必死に頑張る姿を見て、私も頑張ろうと思うことができました。佐鳴に入って本当に良かったと思います。