グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2020年度合格体験記 > 【高等部】 合格体験記 > 【高等部】 合格体験記(3)

【高等部】 合格体験記(3)


慶應義塾大学 文学部 合格


水野 綾音さん(旭丘高校)

「水野さんならできる」という言葉に背中を押されました
私は旭丘高校のボート部に所属していました。練習は忙しくとても大変でしたが、サナルの先生が「水野さんならできる」と言って、もう一度サナルで頑張るよう背中を押してくれました。その後も入試が終わるまで何度も励ましてもらいました。先生が自分の実力を信頼してくれているということが伝わり、頑張ろうと思えたことが良かったです。

上智大学 理工学部 合格


北川 新菜さん
(聖カピタニオ女子高校)

毎日勉強する習慣がつき、向上心を持つことができました
サナルに入塾して一番良かったのは、毎日欠かさずに勉強する習慣がついたことです。いつもサナルで一緒に勉強する仲間や信頼できる先生方の話を聞いて、「私も頑張らなくちゃ」と常に向上心を持ち、勉強することができました。不安で押し潰されそうになった時にも支えてくれたのは家族や友人、そしてサナルの先生方でした。合格を報告した時は、サナルで頑張って本当に良かったと思いました。

東京理科大学 理工学部 合格


佐久間 香帆さん(安城東高校)

映像授業でコツコツと着実に成績を伸ばすことができました
私は高1の冬に模試で思うような結果が出ず、その時初めて自分の立ち位置を理解しました。それから猛勉強し、毎回の模試で着実に成績を伸ばすことができました。やっていて一番良かったのは、映像授業です。自分のペースで実力をつけていくことができます。本当に映像授業に出会えて良かったです。勉強はとても大変ですが、最後までやり切れば道が開けるので、諦めずに頑張ってください。

東京理科大学 理学部 合格


馬場 直哉さん(半田東高校)

「わからない」が「わかる」になる講座
藤田東幸先生の『スタンダード化学 有機化学編』の授業では体系的に順を追って学習することができました。有機化学に苦手意識がある人にはオススメです。また、おさえるべき知識がよくまとまっているので、参考書や問題集で得た知識を書き込むのにこの講座の授業ノートがちょうど良かったです。この講座を受講すると有機化学の楽しさがわかります。

関西学院大学 文学部 合格


清水 千智さん(刈谷北高校)

先生の励ましの言葉に救われました!
部活や遊びに行った後はサナルに向かい、たくさん先生に質問をしました。そこで理解したことは高3になって生かされました。しかし、秋頃をピークに模試の成績が停滞し、落ち込みました。そんな時でもサナルに来ると「大丈夫」と先生が励ましてくれ、とても救われました。そして、一緒に頑張る友達もいたので、サナルでは楽しく過ごすことができました。本当にありがとうございました。

同志社大学 経済学部 合格


近藤 潤さん(刈谷北高校)

高1から毎日サナルに行く生活を継続しました
僕は高1から学校の授業や部活が終わったらサナルに行くという生活を毎日続けました。それによって自然と毎日勉強する習慣が身についたと思います。また、学校の授業で学んだことをその日のうちに復習することで定着しやすくなりました。わからない内容もサナルの先生に質問できるので、毎日サナルで勉強するのは学力を伸ばす上で効果的なことだと思います。

筑波大学 生命環境学群 合格


石橋 菜那さん(三島北高校)

生物の問題を楽しく解けるようになりました
村杉拓夢先生の『スタンダード生物』はとても面白く、理解しにくい仕組みや流れをわかりやすい例え話で教えてくれます。映像授業を受講する1時間がいつもあっという間に過ぎていました。映像授業で学んだことが問題を解く時に思い出され、楽しく解けるようになったので、良かったです。また、友達と励まし合える@willはとてもありがたい環境でした。

筑波大学 人文・文化学群 合格


天野 隼太さん(静岡東高校)

私にとって7年間通ったサナルは「第二の家」でした
私は7年間サナルにお世話になりました。サナルの先生方からカウンセリングで丁寧に指導をしてもらい、勉強に対する意識をより高めることができました。合格した時にとても喜んでくれたことが印象に残っています。私が合格できたのはサナルに毎日通い、わからないことはすぐに質問しに行ったという積み重ねがあったからだと思います。私にとって、サナルは「第二の家」でした。

横浜国立大学 教育学部 合格


中津川 亜月さん
(浜松市立高校)

部活を続けながら勉強できたのが良かったです
私は部活が終わったらそのままサナルで夜10時まで勉強して家に帰るようにしていました。サナルの自習室は誘惑がなく、すばらしい環境の中で集中して勉強することができます。そのような環境で高1から勉強してきたため、勉強する習慣もしっかりとつきました。家で勉強しても続かない人は、絶対にサナルで勉強するべきだと思います。また、土日もサナルで勉強することをオススメします。

お茶の水女子大学 文教育学部 合格


平林 愛奈さん(藤枝東高校)

英語を武器にして合格を勝ち取りました!
私が合格できたのは、サナルの英語の講座のおかげだと思います。特に安部大世先生の長文読解講座です。この講座を受講するまでは、文章を行ったり来たりして何となく意味を考えていました。しかし、安部先生に文構造の捉え方を教わってからは、難しくて英単語の連なりにしか見えなかった英文もきちんと意味が分かり読めるようになりました。大学受験もそうですが、学校での英語の授業にも役立ちました。