グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2020年度合格体験記 > 【高等部】 合格体験記 > 【高等部】 合格体験記(4)

【高等部】 合格体験記(4)


慶應義塾大学 文学部 合格


西島 春花さん
(加藤学園暁秀高校)

@willに精神的に支えてもらって本当に助かりました
@willの先生方には精神面で支えてもらいました。受験校の悩みで友人にも話しにくい中、担当の先生はいつも私の話を聞いてくださいました。それまでの悩み、自分の考え、すべて親身になって聞いてもらったおかげで、集中して推薦入試に挑むことができました。勉強面だけでなく精神面でのサポートをしてもらえたことが合格へとつながったと思います。

明治大学 理工学部 合格


杉本 晃汰さん
(日本大学三島高校)

諦めず努力を続けることが合格につながります
僕は高校受験で悔しい思いをしたので、大学受験は成功したいという気持ちが強くありました。しかし、やみくもに勉強を頑張っても結果は伴わず意味がありません。そのため、@willの先生方にアドバイスをもらうことで、迷うことなく自分のやるべきことができました。先生のアドバイスを踏まえ、諦めないで努力を続けることが合格につながると思います。

明治大学 商学部 合格


天野 光哉さん(磐田西高校)

特殊な受験も、サナルのおかげで乗り越えられました
僕は高1の夏に具体的な志望校を決定し、それから高校3年間、志望校合格に向けて検定取得と受験勉強に取り組みました。周りのサナル生が一般科目の勉強をしている中、僕は検定取得のために商業科目の勉強が必要でした。周りと違う受験勉強で大変だと感じる時もありました。そんな時、サナルで励まされ、応援してもらうことで、自分の受験勉強に集中できるようになりました。

明治大学 政治経済学部 合格


外崎 凜さん(御殿場南高校)

推薦入試を迷っていた時、周りの人たちが背中を押してくれました
私は、推薦入試で合格しました。学校の三者面談で提案された時は推薦入試を受験すべきか迷いました。一般入試で最後まで頑張ったほうが良いのではないかと思ったからです。そんな時、親や友達、@willの先生方が「今まで頑張ってきたからこそ推薦入試が受験できるし、大学でも勉強を頑張れば良いよ」と背中を押してくれたので推薦入試での受験を決意できました。本当にありがたかったです。

青山学院大学 文学部 合格


村井 芽生さん(天白高校)

先生方に支えられたから最後まで頑張ることができました
高3になっても「受験生モード」になかなか切り替えられなかった私をサナルの先生は何度も指導し、背中を押してくれました。模試で良い結果が出た時にもサナルの先生が褒めてくれたので、本当に支えになりました。途中で自分には目標が高すぎた、合格できるはずがないと諦めかけたこともありましたが、先生方の支えのおかげで最後まで志望校を変えることなく頑張ることができて良かったです。

立教大学 文学部 合格


阿部 杏香さん(沼津東高校)

一番頑張ったのは高3の夏休みです
受験生活の中で一番頑張ったのは、高3の夏休み中に1日3時限の映像授業を週6日ペースで受講したことだと思います。たくさん受講したおかげで充実した毎日を過ごすことができました。担当の先生とのカウンセリングは、モチベーションを高めてくれるものでした。「大丈夫、合格できる」と励まし続けてもらったので、不安も解消されて頑張ろうという気持ちになれました。

法政大学 国際文化学部 合格


堀 美紗子さん(沼津西高校)

先生のアドバイスのおかげで目標ができました
私は高1の頃、これといった得意教科がありませんでした。そんな時、カウンセリングで@willの先生が英語に重点を置いて勉強していこうとアドバイスをしてくれました。毎日英語を勉強するようになり、英語が得意になるにつれ、楽しいと感じるようになりました。このようなきっかけを与えてくれ、全力でサポートしてくださった@willの先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。

津田塾大学 学芸学部 合格


森下 葵さん(豊橋東高校) 

何でも相談に乗ってくれたサナルの先生
サナルの一番良い点は、担任の先生が何でも相談に乗ってくれて頼りになるところです。高3の夏休みの勉強内容を先生に相談した時には、いつ何をすれば良いかを教えていただきました。そのおかげで驚くほど勉強がはかどり、模試でA判定を出せました。秋に急遽、推薦入試を受験すると決めた時も、面接練習などたくさんサポートしてもらえたので、合格できたと思います。

金沢大学 人間社会学域 合格


内田 陽仁さん(韮山高校)

一緒に通った仲間と切磋琢磨できました!
3年間野球部として活動しながら勉強を頑張りました。@willには野球部の仲間もおり、部活後に一緒に通うことが習慣でした。たくさんの仲間と励まし合いながら受験勉強を乗り切ることができたので良かったです。部活との両立に不安もありましたが、毎日の積み重ねが支えになりました。それも毎日開校している@willのおかげです。ありがとうございました。

奈良女子大学 生活環境学部 合格


中田 優那さん(半田高校)

サナルで一緒に頑張った友達は宝物です
不安になった時は、友達と話すと良いです。ただし、不安を共有するのではなく、「頑張ろうね」などのプラスの会話をすることが大切です。私の周りには前向きな考えの人がとても多く、友達と話すとモチベーションが上がり、気持ちを切り替えて勉強できました。受験は孤独ですが、だからこそ友達の大切さに気づかされました。一緒に頑張ってきた友達は本当に宝物です。