グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2020年度合格体験記 > 高校受験(静岡県) 合格体験記

高校受験(静岡県) 合格体験記


2020年度 合格体験記

家族、先生方、友だちに感謝
合格したと分かったとき、今までにないくらい泣けて、頑張ってよかったと心から思いました。たくさん応援してくれた家族、先生方、友だちへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。北高生になれることに感謝してこれからも頑張ります。

合格に導いてくれる神様
僕にとってサナルの先生方は、「合格に導いてくれる神様」であったと思います。これから高校受験を経験するサナル生には、サナルの先生方を信じ、「行ける高校」ではなく「行きたい高校」に進学できるよう、日々努力していってほしいと思います。

自分とサナルを信じて頑張れた
もうだめなのかと諦めかけたとき、サナルの先生方や仲間の姿が頭に浮かび、私を奮い立たせてくれました。きっと先生や仲間の支えがなければ、乗り越えられなかったと心の底から思います。自分を信じ、サナルを信じ、夢に向かって頑張れてよかったです。

夏期合宿をきっかけに変わった
私がいちばんの挫折を味わったのは夏期合宿のときです。仲間に負けられないという気持ちで、合宿をきっかけに勉強の取り組み方への意識が変わり、必死に勉強しました。私が合格できたのは、努力と周りの人の支えがあったからです。

先生方からの言葉を胸に秘めて
サナルの先生方は、学ぶことの意味や楽しさ、そして私の人生をより豊かにするためのたくさんのことを教えてくださいました。先生方からいただいた数々の言葉を胸に秘め、これからの人生を自分の力で切り開き、全力で駆け抜けていきたいと思います。

明るくて前向きな先生たち
私が志望校に合格できたのはサナルのおかげです。テストや模試でうまくいかなかったときでも、サナルに来れば明るくて前向きな先生たちがいて、自然と元気になれました。私を支えてくれたサナルの先生たちに本当に感謝しています。

苦しさは必ず次に生かされる
私は、苦い経験をバネにして「次の模試や受験当日のテストで悔いを絶対に残さない」という思いを胸に、こつこつ勉強しました。そのときは苦しくても、その苦しさは必ず次に生かされると思います。だから苦しくても進み続けてください。

サナルで生き方が変わる
分からない問題があることは恥ではない、分からない問題を分かった気でいる方が恥だ、とサナルで学びました。サナルはヤル気の出し方や将来に向けてどういったことをするのかも教えてくれるところです。サナルに入るだけで生き方は変わります。

どんな結果でも悔いはないと思えた
3月5日、高校受験を終えたバスの中で1年をあらためて思い出した。自分の限界を知り、自分の限界を超えるまで努力することの大切さを学んだ。どんな結果だろうと悔いはないと思っている。それだけ頑張れたということだと思う。サナル生で良かった。

努力は素晴らしい「力」
「努力は人を裏切らない」。サナルに入るまではこの言葉の意味を理解できませんでした。僕は中3でサナルに入学し、目標を達成する喜びを得て、はじめてその言葉の意味が分かりました。努力はどの力よりも素晴らしい「力」だと思いました。

自分はできると信じ続けて
私は、浜名に対する思いが誰よりも強いからこそ頑張れたと思う。不安になることもあったが、自分はできると信じ続けたことで合格を勝ち取れた。両親、妹、サナルの先生方、友だちには感謝しています。本当にありがとうございました。

受験に対する心構えが変わった
私は、サナルに入ってから受験に対する心構えが変わりました。サナルの先生方が受験を意識した授業や言葉がけを常にしてくれました。そのおかげで自然と勉強への意欲が高まっていき、志望校に合格したいという思いが強まっていきました。

サナルの先生と自分を信じて
受験生になると、いろいろと我慢しなければいけないことがあります。そこで誘惑に勝てるかがカギになってくると思います。後悔しても戻ることはできません。サナルの先生、そして自分を信じ、自信を持って受験に臨んでください。

反省を大学受験に生かしたい
全ての欲望を捨てて、勉強に打ち込みました。今は喜びでいっぱいです。ただ、反省もあります。もっともっと早い時期から真剣に全力を尽くしていれば、入試前の不安や悩みをもっと少なくすることができたと思うからです。これからの大学入試では、誰よりも早く本気で取り組みます。

誰よりも勉強し、自分に勝つ
小学生の頃から憧れていた磐田南高校。ついにその夢が現実になりました。「誰よりも勉強し、自分に勝つ」ということを目標にしてきたので、達成感でいっぱいです。合格した今、解きこんできたサナルのテキストを見ると、自分を誇らしく感じます。

喝をいれてくれたサナルの先生
受験勉強を始めるのが遅かった僕に喝を入れてくれたのは、サナルの先生だった。冬期講座が始まってからは1日11時間勉強をし、パーフェクト問題集をていねいに解くことも頑張った。高校入学後は文武両道の学校生活を送りたい。

不安を自信に変えてくれたもの
受験前日、不安と緊張で夜がとても長く感じました。自分が今まで解いてきたワークやプリントを積み上げてみると、思っていたよりもたくさんの量を解いていてびっくりしました。今までそれだけ勉強してきた証、不安を自信に変えることができました。

欠点を受け入れ、どう克服するかが大切
私は、自分の応用力のなさに落ち込んでばかりでしたが、たくさん勉強し、最後には解ける応用問題が増えていきました。今回私が学んだことは、自分の欠点を受け入れ、どう克服するかを考える大切さです。先生方、ありがとうございました。

「君なら上を狙える」の一言で変わった
中学1年生の頃は全国学力考査で偏差値が50を超えず、静岡高校なんて夢の存在でした。しかし2年生のとき「君ならもっと上を狙える」と言われ、計画的に勉強するよう頑張りました。模試結果が良いとうれしくてまた勉強する、良いサイクルに乗れました。

何度も何度もぶつかっていく
私は大の苦手な数学を克服するため、何度も何度も問題集やテキストにぶつかっていきました。勉強はやっただけ伸びる!そう思いました。これから先もさまざまな困難にぶつかると思いますが、何度も何度も挑戦していきたいと思います。

悔いのない受験ができた
入試直前にはこれまで解いたテキストを積み上げ、自信に変えて当日に挑みました。先生から「君は努力の天才だ」と声をかけてもらい、悔いのない受験をすることができました。4月からは自分の夢に向かい、充実した高校生活を送りたいと思います。

先生、仲間、そして家族の存在の大きさ
私が合格をつかみ取ることができたのは、「合格する」という強い決意を常に持ち、勉強に励んだからだと思います。サナルの先生、仲間、そして家族の存在の大きさを感じることができました。皆さんも最後まで己を信じて、夢をかなえてください。

合格へと導いてくれたサナルの先生方に感謝
私は今、サナルの先生方にとても感謝しています。いつも授業を盛り上げ分かりやすく解説してくださり、私を合格へと導いてくださったからです。また私が自信を失ったとき、相談にのってくださったり、自信のつくような話もしてくださいました。