グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2021年度合格体験記 > 【中学受験】 合格体験記2021

【中学受験】 合格体験記2021


2021年度 合格体験記

一生忘れない経験
「君たちが受からなきゃ誰が受かる。楽しんできてね」。先生方は私を勇気づけてくれた。受験勉強を始めた頃は、勉強で頭がいっぱいだった。しかし、友人や先生の熱い気持ちにふれ、一人じゃないと思えた。この経験は私の一生の宝物だ。

当日は問題に集中
受験当日、受験生が集まった体育館を見て緊張が高まりました。テスト前はあまり深く考えないようにし、問題に集中することで落ち着いて解くことができました。合格発表が近づくにつれ、不安になりましたが、無事合格することができました。

支えがあったから乗りこえられた
中学受験を終え、苦しいときも乗りこえられたのは、家族や友達、さなるの先生がいたからだと思います。模試で思うような結果が出せなかったとき、一緒に頑張る友達を見て前に進むことができ、「合格」の2文字をつかむことができました。

応援してくれた人たちに感謝
合格。この2文字を見た時、言葉では表せないほどうれしかった。同時に、この合格は私だけではつかめなかったと思った。家族やさなるの先生たち、刺激を与えてくれた仲間。応援してくれた人たちに感謝し、このうれしさを一生大切にする。

模試は合格への一歩
私にとって、模試は合格への一歩でした。納得のいかない結果になってしまったとき、自習室で解き直しや復習をしたり、時間配分を考えたりしました。みなさんも毎回の模試を大切にして、自分のやるべきことをやり、合格をつかんでください。

最後まで頑張ろうと決意
受験すると決めたのは、5年生のときです。自分で決めたのだから最後まで頑張ろうと思い、さなるでも家でも全力で勉強しました。受験当日は緊張しましたが、今までの努力を思い返していると、だんだん落ち着いてきて、実力を発揮できました。

さなると出会えてよかった
あまり勉強に集中できず、勉強量が減っていたとき、さなると出会った。楽しい授業で勉強がはかどり、学力トレーニングで苦手な部分を克服できた。また、一緒に勉強できる友達とも出会えた。本当にさなるに入ってよかったと思う。

先生からの力強い言葉
3回目の模試で成績が下がってしまった。そのとき、さなるの先生が言った。「学力はこれからいくらでも変えられる」と。この言葉を胸に、よりたくさん勉強して合格することができた。先生がいたからこそ、つかみ取ることができた合格だ。

自分の実力を信じて
本当に合格できるのか不安でした。「大丈夫、自分がしてきたことを信じなさい」。この言葉に不安な気持ちはどこかへ行きました。先生の言葉と自分の実力を信じて立てたスタート地点。「合格」の文字を見たとき、先生の言葉の重みを強く感じました。

不安なのは自分だけじゃない
受験クラスで毎週勉強していました。分からない問題があると不安になってしまい、受験が近づくにつれその不安が大きくなりました。でも、さなるに行くと友達も同じ気持ちだと知り、不安はなくなりました。本番は自信をもって受験できました。

先生の言葉に励まされ
最初のころ、テストで思うような成績が取れず不安でいっぱいでした。そんな時、先生から力強く「一勢ならできる!」と言われ、「ぼくはできるんだ」と自信がつきました。それから苦手な単元を何度もやり、合格を勝ち取ることができました。

自信喪失からの猛勉強
初めての附属模試でA判定をとり、油断してしまった結果、その後の模試でC判定をとってしまいました。自信をなくしていたとき、「まだ頑張ってないよ、これからだよ」と母に言われ、スケジュールを立て、猛勉強した結果、合格することができました。

受験をして良かった
受験を終えた日、受験をして良かったと思いました。成績が伸び悩んだとき、とにかく自習室へ行きました。「みんながんばっている、自分もやらなきゃ」という気持ちになり、集中できました。これからも、努力をし続けたいです。

たくさんの大切な出会い
さなるには一緒にがんばる友達がいました。励まし合い、競い合う友達がいたからこそ、ここまでこられたのだと思います。すてきな先生とも出会いました。「がんばってきた君たちを誇りに思う」と言ってくださり、努力してきてよかったと思いました。

支えてくれたみんなに感謝
受験に対する姿勢が甘く、力のなさに気づき焦りを覚えたとき、友達、家族、さなるの先生方が活を入れてくれました。一人だったら闘い方を知らず、負けていたはずです。受験を通して、支えてくれる方々のありがたさを実感しました。

積み重ねの大切さ
「合格」という壁を乗り越えるには、勉強して努力を積み重ねなければならないと実感しました。6年生のはじめ、勉強をあまりしていなかったので、後で一生懸命勉強しなければなりませんでした。これからも、努力を積み重ねていきたいです。

「素敵なステージ」という言葉
11月の附属模試で判定が下がり、すごく焦りました。でも、さなるの先生方が真剣に対策を考え、支えてくれました。入試当日、緊張しましたが、「巧真くんのための素敵なステージ」という言葉を思い出し、自信を持って受けることができました。

初心に返って必死に勉強
2月頃から本格的に受験勉強を開始しました。初めての模試では良い結果が出ましたが、その油断からか、徐々に模試の成績が下がっていってしまいました。不安になりましたが、初心に返って勉強をし、さらに学力トレーニングの受講数を増やしていきました。すると、徐々に結果が良くなっていきました。入試当日は家族やさなるの先生からもらった手紙を見て試験に臨み、合格することができました!

受験を乗りこえて…
受験をしようと決断したのは小6の夏でした。さなるの夏期講座や授業で扱う問題は難しくて大変でしたが、先生の授業は面白く、楽しく通うことができました。その大変さを乗りこえて無事合格することができました。さなるには本当に感謝しています。

共に高めあう仲間がいた
夏期講座のとき、覚えることが増え、あきらめようかなと思うこともありました。しかし、周りのみんなが必死に勉強している姿を見て、「負けていられないな」と思い頑張ることができました。さなるは仲間と共に自分を高めあうところだと感じました。