グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2021年度合格体験記 > 【高等部】 合格体験記(1)

【高等部】 合格体験記(1)


東京大学 理科一類 合格


新井 翔太さん(岡崎高校)

モチベーションを高めてくれたサナルのカウンセリング
高1のころから毎日サナルに行って勉強しました。そのおかげで、勉強習慣が確立されました。マーク模試で良い結果が出ると、それがモチベーション向上につながり頑張れたと思います。サナルの先生とのカウンセリングは、勉強計画を修正でき、モチベーションを十分に高めてくれました。家族やサナルの先生方、学校の先生、友達のおかげでつかみ取った合格です。これからも慢心せず、謙虚に頑張っていきます。

東京大学 理科一類 合格


畠山 大樹さん(浜松北高校)

サナルのおかげでモチベーションを保てました
サナルでの学習習慣がついたことで、学校の授業の予習も欠かさず行うことができました。また、定期的に行われる先生とのカウンセリングで、現在の目標や志望校が明確になり、勉強をするモチベーションを保てました。わからないところは先生に質問でき、疑問点が即座に解消しました。他にも良い点がたくさんありますが、どれもサナルでなければ不可能だったと思います。

東京大学 理科一類 合格


大木 亮吾さん(時習館高校)

在宅受講とカウンセリングを通じてつかんだ東大合格
僕は高1の間、ほぼサナルに行っていましたが、高2・高3の間はほぼ在宅受講していました。僕は周りに人が多くいるとあまり集中できなくなるタイプなので、在宅という選択肢が非常にありがたかったです。また、担当の先生とのカウンセリングで勉強や受講ペースを確認したことで、遅れがあった場合は取り戻すことができました。サナルの映像授業やカウンセリングを活用して合格をつかみ取りましょう。

東京大学 理科一類 合格


星野 佳嗣さん(南山高校)

サナルは自分の勉強の軸となる場所でした
サナルは学力向上の場である以上に、勉強の軸となる場所でした。また「特進コース」の数学・英語の授業はそこでしか得られない考え方が非常に多く、吸収した核となる考え方は入試本番でも大いに役立ちました。そして先生とのカウンセリングや普段の会話から合格するための点の取り方だったり、点を取るために今やるべきことを明確にできたりしたことも合格への近道の1つになったと思います。

東京大学 理科二類 合格


河村 優菜さん(一宮高校)

才能ではなく根性でつかみ取る東大合格
私は初め東大と聞くと天才が行く場所で自分とは縁のない大学と思っていました。しかし、実際は地道な努力を重ねれば手が届く場所だと気づきました。入試で求められるのは、極度の緊張の中で他の人が解ける問題を自分も確実に解くことです。日頃から消化できるレベルと量の問題を確実にこなすことが大事だと思います。そのためにはセンスや才能より、基本に徹底する根性が大切です。

東京大学 文科一類 合格


坂 遥加さん(岡崎高校)

目の前の勉強に力を注ぐことが最も大切なことだったと思います
私が合格を勝ち取ることができたのは、これまでの積み重ねがあったからこそだと確信しています。部活や行事など楽しくも多忙な高校生活の中で、学校の後にサナルへ通い、目の前の勉強に力を注ぐ、これが最も大切なことだったと思います。カウンセリングで受験への意識を高め、受験が近づくにつれ自習室で必死に取り組む仲間の姿に刺激されました。サナルで頑張ることができて本当に良かったです。

東京大学 文科二類 合格


大井 一輝さん(旭丘高校)

高1のころからサナルに通って確立した勉強スタイル
僕は高1のころから、部活を頑張りながらサナルに通い、自分なりの勉強スタイルを確立しました。早いうちから他の優秀な生徒と一緒に自習室など良い環境で勉強できました。また、カウンセリングで担任の先生が自分のやるべきことを明確に示してくれた点も良かったです。さらに「答案添削指導」では自分では気づけないミスを指摘してもらえ、緊張感をもって問題演習できました。

東京大学 文科二類 合格


黒田 清友さん(旭丘高校)

自分の弱点を克服する方法を考えることが大事です
スポーツなどでもそうですが受験勉強を進める中で、誰でも一度は壁にぶつかることがあるかと思います。そんな時ただ落ち込むのではなく、自分の弱点を見つけ、先生に添削を依頼するなど克服する方法を考えてほしいと思います。また、僕はサナルに行くことで勉強のリズムを作り、自分自身を勉強するしかない状況にもっていくことができました。わからない問題を質問できる点も良かったです。

東京大学 文科二類 合格


中村 渉吾さん(沼津東高校)

@willの先生が常に励ましてくれました
高1のころ、@willの先生の薦めで受講した映像授業のおかげで英語が得意になりました。その時「この英語の調子なら東大に行けるよ!」と言われ、世界史や数学など他科目の先取り学習も始めました。そして、弱気な時も、気持ちが後ろ向きになった時も先生が常に励ましてくれました。また、平日は高校に近い校舎、休日は家に近い校舎に通学するなど、柔軟な通い方をさせてもらえたのも良かったです。

東京大学 文科三類 合格


安田 大雅さん(一宮高校)

僕の東大合格にはサナルの先生の存在が不可欠でした
僕がサナルで一番良かったと思うのが担任の先生の存在です。僕は『赤門コース』で中3の時から高等部の先生に担任をしてもらいました。この4年間で築かれた信頼関係は学校の先生と同等またはそれ以上のものでした。模試で十分な結果を出せなくてもいつも笑顔で優しく励ましてくれました。僕が東大に合格できたのは担任の先生がずっとそばにいてくれたからだと思います。ありがとうございました。