グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 合格実績 > 2022年度 合格体験記 > 【大学受験】合格体験記

【大学受験】合格体験記


2022年度大学入試合格体験記

東京大学 理科三類 合格


海野 真拓さん(浜松北高校)

サナルの先生方の指導は、人間的な温かみがあります
僕はサナルを信じ、「毎日サナル」を合言葉に、校舎に通い続けました。サナルの先生方は生徒一人ひとりの個性、進捗度に応じた指導をしてくれます。そこには人間的な温かみがありました。僕は小・中・高と約10年間にわたってサナルに通い続け、多くの尊敬できる先生に出会いました。その思い出を胸に、医師を目指して新たな一歩を踏み出します。後輩の皆さんも自分の夢の実現に向かって頑張ってください。応援しています。

東京大学 文科二類 合格


杉浦 怜奈さん(刈谷高校)

サナルは私を信頼して励ましてくれました
私は小6の時にサナルに入塾し、大学受験までお世話になりました。サナルの先生方はつらい時には全力で応援し、励ましてくれるなどハートフルな方が多いです。「杉浦さんならきっと合格できる」と最大級の信頼を寄せてもらえたのが本当に嬉しかったです。また、受験勉強期間にはできるだけ長い間サナルにいるようにしていました。友人と勉強に関する話をしてモチベーションを上げることもできるのでオススメです。

東京大学 文科二類 合格


柴垣 創至さん(旭丘高校)

松田先生の日本史で実践的な対策も進められました!
松田博明先生の『高校日本史』は内容がかなり濃密で、実際の東大模試で出題されたような内容も扱われています。僕は、この講座のおかげで日本史の底上げだけでなく、実践的対策も進めることができました。皆さんも受講すれば基礎力向上に留まらず、日本史の成績向上が望めると思います。また、論述演習を始めて、教科書がいかに優秀な教材かを思い知らされました。ぜひ今すぐ教科書を本気でやりこんでみてください!

東京大学 理科一類 合格


荻本 湧気さん(一宮高校)

「第二の家」サナルだからこそできたペースメイク
僕が東大に合格できたのは、勉強に集中できる環境の整ったサナルに通ったおかげです。帰る時刻を自分で決め、その時間までは授業の予習・復習をすることで、勉強習慣が身につきました。また、定例のカウンセリングで先生から、先輩の体験談や他の高校の生徒の話を聞くことができて良い刺激となり、自分のやるべきことが明確になりました。合格という結果に満足せず、これからも自らの向上に努めていきたいです。

東京大学 文科三類 合格


河合 嵩平さん(浜松北高校)

やる気を途切れさせないように勉強しました
高1の夏の「東大合宿」の時に東大を目指している仲間と出会って、自分のその時点での実力を理解できました。定期的なカウンセリングは途切れていたやる気を復活させるのに役立ちました。サナルの先生から「絶対に合格できる」と言ってもらい続けたため、最後まで諦めずに自信を持てたと思います。集中が切れた時は、やる気が出る曲のプレイリストを作り、それを一通り聴いて気分転換をしてから勉強していました。

東京大学 理科一類 合格


森下 勇希さん(藤枝東高校)

先生からのアドバイスや友達が大学受験生活の支えでした
僕は高1から高3まで、ほとんど毎日サナルに行って勉強していました。先生方からアドバイスをもらったり、励ましたりしてもらえて良かったです。また、友達がたくさんいたので、お互いに質問し合ったり色々な話ができたりして、受験生活の心の支えになりました。また、同じ科目をずっと勉強しているとだんだん集中力がなくなってくると思います。そんな時は気分転換として、違う科目を勉強するのも良いと思います。

東京大学 理科三類 合格


二橋 亮輔さん(浜松北高校)

サナルでバランスの取れた学習を継続できました
僕は高2のころ、成績が伸び悩んだことがきっかけでサナルへ入塾しました。サナルに入塾してからは先生が定期的にカウンセリングをしてくれ、その中で各科目の勉強の進捗状況や、今後の進め方などを決めてもらい、バランスの取れた学習を継続させることができました。また、苦手意識を感じていた英語の成績も上がりました。その結果、入試本番では最高のパフォーマンスを発揮し、無事合格することができました。

東京大学 文科二類 合格


竹本 光里さん(旭丘高校)

部活に誰よりも熱心に取り組んだのと同じ熱量を勉強に注ぎました
私は高3の5月末に部活を引退するまでは勉強量が少なく、同じ大学の志望者から遅れをとっていました。勉強を始めてから学力は伸びましたが、勉強すればするほど高1から勉強してきた人たちとの学力の差を痛感しました。それでも、部活に誰よりも熱心に取り組んだのと同じくらいの熱量を勉強に注ぐと決めて頑張ったことが、結果につながったと思います。最後に苦しい思いをしないよう、勉強は余裕を持って始めたほうが良いです。

東京大学 文科一類 合格


正久 未藍さん(浜松北高校)

サナルから東大に合格した先輩に憧れて東大を目指しました
3年前、サナルから東京大学に合格した先輩の話を聞くセミナーに参加しました。その先輩が、努力してきたことを語る姿はキラキラして見え、「私もこんな風になりたい!」と強く思いました。私も東大を目指して頑張り始めましたが、勉強は甘くありませんでした。それでも、サナルの先生方が校舎で待っていてくれるから、毎日頑張れました。そして、受験生活を支えてくれた家族に本当に感謝しています。

東京大学 理科三類 合格


西川 格史さん(静岡高校)

継続的な勉強が合格につながったと思います
中3から赤門コースで先取りをし、高3までほぼ毎日サナルに通い勉強していました。サナルが開校している時には勉強するという習慣がつくことで、勉強時間を確保し続けることができました。この継続的な勉強が合格につながったと思います。そして互いに高め合う仲間がいたことで、質問し合ったり、支え合ったりしていました。また、入試直前期に模試の過去問を仲間と一緒に時間を計って解いたことで、試験に慣れることができました。

東京大学 文科二類 合格


水野 まつりさん(浜松北高校)

サナルでの3年間が私を支えてくれました
大学入学共通テストで私は、目標点に到底届かない点数でした。それでも第一志望に合格できたのは、サナルの先生と友人がいたからです。友人は「二次試験が勝負だから気にせず頑張ろう」と勇気づけてくれました。切磋琢磨し合った友人の言葉だったので心に響いたと思います。サナルの先生も私に活を入れてくれました。サナルでの3年間の努力は、苦しい局面で必ず自分を支えてくれるものになります。

京都大学 法学部 合格


塩谷 碧彩さん(岡崎高校)

不安や緊張はサナルの先生や家族、友人に相談
入試本番が近づくと、不安や緊張を感じることも多くなると思います。その時はサナルの先生や家族、友人に相談すると良いです。サナルの先生は経験や知識があるので、助言を得られます。そして、不安要素を分析し意見をもらうことで、解決に近づけられます。本番が近くなったら、それまでの自分の努力を振り返り、自信にしてください。また、体の健康をなくして実力は発揮できないため、早寝早起きや食事は大切にしてください。

京都大学 医学部医学科 合格


足立 匠史さん(浜松北高校)

英語が読めるという感覚を持てるようになる講座
私がオススメする講座は宮崎裕史先生の『英語特殊構文のツボ』です。この講座では、多くの難解な英文を訳す演習をすることができ、「英語が読めるということは、こういうことか」という感覚を持てます。また、多くの英文に触れることで、英文が単語の羅列ではなく、意味を持ったカタマリの集合に見えてくるようになります。京都大学受験者には特に必須の講座だと思います。

京都大学 工学部 合格


馬渕 陽向さん(岡崎高校)

サナルのおかげで勉強を好きでい続けることができました
僕はサナルのアットホームな雰囲気が好きです。一緒に勉強をし、ご飯を食べて談笑する友達、気軽に勉強の質問や相談に応じてくれる先生がいたことが合格できた一番の理由だと思います。それは受験勉強で一番重要なことが、勉強を好きでい続けることだと思うからです。僕は、サナルのリラックスした雰囲気のおかげで伸び伸びと勉強でき、最後まで勉強を好きでい続けることができました。

京都大学 教育学部 合格


大嶋 若野さん(旭丘高校)

苦しい決断もサナルの先生が背中を押してくれました
私が最も印象に残っているのは、志望校を変更した時のことです。私は高1からずっと他の大学を志望していたのですが、高3の11月末に志望校を京都大学に変更しました。この決断に踏み切ることができたのは、サナルの担当の先生が私の話を根気強く聞いてくれたからです。私の思いを全部聞いた上で、私が本当に望んでいることを引き出し、背中を押してくれました。サナルの先生には感謝してもしきれません。

京都大学 工学部 合格


日ヶ久保 花菜さん(静岡高校)

勉強の楽しさを見失わずにいられた受験期でした
サナルは一人でこつこつ頑張る環境と、友人や先生と一緒に頑張る環境の両方がありました。勉強は孤独な戦いで、つらいことやつまずくこともたくさんあります。そんな時、将来の楽しい大学生活を語り合える友人や、自分に厳しく努力する友人がサナルにいたので、最後まで走り切ることができました。合格の一番の近道は努力し続けることです。サナルの仲間や先生の存在のおかげで勉強の楽しさを見失わずにいられた受験期でした。

京都大学 経済学部 合格


前田 陽さん(岡崎高校)

地道な努力が合格につながったと確信しています
僕が合格できたのは、サナルの先生とのカウンセリングを通じて自己分析をし、仲間と一緒に受験勉強を続けてきたからだと思います。毎日学校の後や、週末に欠かさずサナルに行き、机に向かう習慣を作っていたのも合格の大きな理由です。学校行事などにも積極的に参加していましたが、どんなに疲れた日でもサナルに行き、仲間と一緒に勉強することで、合格をつかみ取ることができました。

京都大学 工学部 合格


鈴木 耕太郎さん(浜松北高校)

自分に合った勉強方法で合格を勝ち取りましょう
私が後輩たちに伝えたいことは、「型にはまるな」ということです。人それぞれに適した勉強方法があります。誰にでも当てはまる方法はないのです。自分に合った勉強方法をゆっくりと、時間をかけてでも良いので見つけ出してください。そして、その見つけた方法に自信を持ってください。後輩の皆さんが自分に合った勉強方法で、合格を勝ち取れることを期待しています。

京都大学 経済学部 合格


竹田 朝陽さん(豊田西高校)

カウンセリングが良いペースメーカーになりました
高1の時から映像授業を受講するためにほとんど毎日サナルに通っていたので、大学受験について深く考えていなかった時期から勉強習慣が身につきました。また、サナルでは先生が定期的にカウンセリングしてくれます。それが良いペースメーカーとなりました。周りに同じ志望校の人が少なかったため不安もありましたが、自分やサナル、学校の先生を信じて最後まで続けられたので、一番良い結果を得ることができました。

京都大学 工学部 合格


宮島 未羽さん(旭丘高校)

つらい中でも喜びや達成感など楽しいこともある大学受験でした
点数が伸びないつらさなど、大学受験はかなりきつかったです。しかし一方で、模試などで良い合格判定だった時の興奮、サナルの先生に褒められた時の喜び、これまで解けなかった問題が解けた時の達成感など楽しいこともありました。また、私はこの受験を通して「なぜ勉強しなくてはいけないのか」について自分なりの答えを導き出すことができました。後輩の皆さんも自分なりの答えが見つかることを願っています。頑張ってください。
次へ 》
【 1・234567