グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 中学生 > 平日本科コース > 各教科の指導

各教科の指導


英語

徹底的な読み書きのトレーニングと英文法の根本理解。

中学生英語では、英文法の根本理解と応用を柱として授業を展開しています。そして、徹底的に読み書きを繰り返すことで基礎力を整え、生徒が間違えやすいポイントを網羅した文法問題を練習することで応用力を養うように指導しています。単なる暗記だけでは、定期テストでの点数を獲得することはできても、真の英語力がついたとは言えません。文法の理解を根底におく指導により、目先の問題の変化に惑わされない実力を身につけることが可能です。また、毎回の授業でリスニング対策を行い、英語を「聞く力」も高めます。

数学

法則や公式の体系的学習により「問題への推測力」を作り上げる。

数学とは論理的な思考を積み上げていく学問です。そもそも難問と呼ばれる問題はいくつかの解法が重ねられたもので、その解法の数が多いほど難問といわれるのです。しかしながら、その解法の一つひとつは基本的な事柄であり、それをタイミングよく使いこなしていく力が「数学的センス」と呼ばれるものです。数学に関する法則や公式は数多くあります。それを単に暗記し、当てはめるだけの学習では、やがて限界が訪れます。「定期テスト」には強いけれども、「実力テスト」には弱いというタイプがそれに当てはまります。解法をパターン化して反復練習を行う学習形態は、この陥穽に陥りやすいといえるでしょう。真の学力をつけていくには、原理ならびに公式の成立過程を理解し、そこから派生していく事柄を体系的に整理していかねばなりません。その思考過程こそが「問題への推測力」を作り上げる近道となります。

理科

知識の詰め込みではなく、興味を持って能動的に覚える。

中学生理科の指導では、テストの得点向上だけを目的とする無味乾燥な知識の詰め込みは行いません。目先の成績向上を目的として、仕方なく「重要語句を暗記し」「公式の使い方を覚える」学習と、原理から「考え」「理解し」「応用する」喜びを体感しながら進める学習とでは、成果に雲泥の差が生まれるのは自明の理です。ですから、理科本来の面白さを伝えるのが、サナルの理科教師の第一の指導目標です。そのために必要であれば、教科書や学習指導要領の枠をはるかに超えた高度な知識も与えます。

社会

社会をドラマとしてとらえ、記憶の整理・定着を促す。

「社会科は暗記科目である」と言われていますが、本来は、人間か関わることや人間を取り巻く環境すべてが対象となっている教科であり、人間という存在そのものに対する関心と理解がなければ、その根本の理解に到達できません。しかしながら、これまでの指導方法では、歴史上の事件や時代背景、自然現象といったものを、文字情報を通じて伝えざるを得ない場合が多く、正しい理解も興味関心も損なってしまう原因となっていました。See-beを使った授業では、言葉では説明しづらいもの、微妙なニュアンスが伝わりにくい事象を、映像や音声などを駆使して生徒に伝えることができます。また、必要とあれば、教科書から削除された内容や高校でしか扱われない知識にも言及します。

国語

実力テストに通用する、本質的な国語力を養う。

国語学習の第一歩は、知識の習得にあります。漢字・語句・文法・韻文の技法などの必要知識は、国語の基礎として完璧な定着が求められます。佐鳴予備校ではオリジナルテキスト「さなる式」や各種テストなどのツールを使った反復練習により、これらの知識を効率的に定着させるようにしています。併せて、国語学習最大のテーマである「読解力」「表現力」を身につけるために、各中学校で使用されている教科書を題材としてカリキュラムを編成しています。学校の定期テストにおける得点力はもとより、実力テストや高校入試など、本質的な国語力が問われる学力試験で、確実に正解を得る力を養います。