グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



千種本部校



ホーム > 千種本部校 > 初中等部

初中等部


【対象】小4・小5・小6・中1・中2・中3

イベント情報

平日本科コース 体験授業

試してわかる!さなるの授業
「さなるの授業ってどんな雰囲気?」「先生はどんな感じ?」…そんな疑問は、校舎に来れば解決!実際の教室を見学したり授業を体験したりすることで、入学を検討されているお子様の不安を解消することができます。ぜひお試しください!


★事前申込制・参加無料★

【対象】小4・小5・小6・中1・中2・中3

【申込方法】WEBフォームからお申し込みください

※受付後、担当者からご連絡いたします。
※校舎時間割を踏まえ、体験授業の曜日・時間帯を決定します。




2021年度 愛知県高校入試 合格実績


学年末内申結果

学年末内申結果


学年末テスト結果

学年末テスト結果

千種台中2年 Aさん
Q.テストに向けて頑張ったことと、今後の意気込みを教えてください!
テスト週間以外の勉強を充実させました。ワークはテスト3週間前から始め、テスト1週間前には終わらせました。テスト1週間前からは、できなかった問題をやり直しました。
わからないところを明確にし、質問して理解できるまでやったことが、今回の結果につながったと思います。さらに上を目指して頑張りたいです。

千種本部校に通う生徒・保護者の声をご紹介!

保護者の声

附属中学2年生の保護者
大手の塾に入るのは初めてで、クラスの人数も多く細かいところまで見ていただけるのか最初は不安もありました。でも通塾して半年、教室での様子を伺うと、子どもの学習の様子、傾向、特徴等々良いところも悪いところも教えて頂き、家での学習の参考になりましたし細かいところまで見ていただいている感じ安心しました。塾でのテストや全国模試も励みになっているようで、この調子で高校受験に向けて楽しくサナルに通えるといいです。

小学6年生の保護者
全国実力考査がモチベーションアップにつながっています。
レベルの高い環境の中で勉強できることが、「次こそは!!」という気持ちにつながっていると思います。また、学力トレーニングを通して、点数がとれる練習ができているのがよいと思います。「勉強が好き」と言ってくれていることがとてもありがたいです。

公立中学2年生の生徒
授業中などに今何をすべきか、これから何が必要か、勉強の仕方など折に触れて話す事で、気を引き締めてやらなきゃという気になり、中だるみしそうな時やサボりたくなる時は、そのことを思い出して毎日勉強するようになりました。

公立小学6年生の保護者
サナルの授業がとても面白いと言っていて、毎回楽しそうに通っています。 全国実力考査が良い目標になっているようで、宿題や復習をがんばっています。

公立小学6年生の保護者
サナルの良いところは、子どもが楽しく塾に通っているところです。何事も楽しくできるのが一番だと思います。サナルの先生方の授業が子どもにとって魅力的で楽しいようで、ありがたいです。 また、昨年の学校休校時のオンラインなどでの対応も、学習を続けることができて良かったです。

生徒の声

小学6年生の生徒
算数の問題に粘り強く取り組むようになり、正解することで自信がつきました。
※2021年1月29日作成

時間割

2021年度 時間割

学年 教科 曜日 時間
小4 算・国・閃きの力 16:50~19:00
算・国・英・閃きの力 16:50~17:30
16:50~19:00
小5 算・国・理・社・閃きの力 17:35~19:00
18:20~19:00
算・国・理・社・英・閃きの力 16:50~19:00
18:20~19:00
小6 算・国・理・社・閃きの力 17:35~19:00
18:20~19:00
算・国・理・社・英・閃きの力 17:35~19:00
学年 教科 クラス 曜日 時間
中1 英・数・国・理・社
英数定着テスト・リスニング特訓
A/B 19:20〜21:50
中2 英・数・国・理・社
英数定着テスト・リスニング特訓
A/B 19:20〜21:50
中3 英・数・国・理・社
英数定着テスト・リスニング特訓
A 19:20〜21:50
B 19:20〜21:50
※Aクラスは座席満席間近です。
※上記は2021年3月からの時間割です。
※時間割は変更になることがあります。

教室長からのメッセージ

望月 裕之 Hiroyuki Mochizuki
何かに必死になって打ち込んだ結果、大いなる達成感を感じるときがあります。勉強も運動も何でも、できるようになるまでは努力が必要です。小・中学校時代は将来の人格形成において非常な重要な時期です。勉強を通して、将来「すぐにあきらめない人」になってほしいと思います。まずは、行動し挑戦する心を持つ人間になってほしい、そんな気持ちで日々教壇に立っています。受験は最後は自分との闘いです。「克己心」を持ち、夢をつかみましょう。

我々教師一同、全力で子供たちの夢実現に向けて取り組んでまいります。