グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 佐鳴予備校について > サポートシステム > ネットワークカメラ制御システム

ネットワークカメラ制御システム


教室の客観的指導把握

学習指導の現場である教室は、一人の教師と多数の生徒だけで成り立ち、外部からの干渉のない、特殊な空間です。公教育では、この閉鎖性が教育の質を低下させる一因となっているのではないかという議論が、近年、殊に活発になっています。指導技術が評価される場がないので、意欲のない教師が存在し得てしまう。教師に熱意や力量がなければ教室の雰囲気は荒れますし、学習効果を云々する以前の問題ともなりかねません。

佐鳴予備校では、各教師の授業技術の水準を高く維持するため、客観的評価の様々な手法を模索してきました。生徒の成績向上率を集計する。複数の教師の前で模擬授業を行い、指導法を検討する。教室にビデオカメラを持ち込み、実際の授業を撮影して他の教師に見てもらう。生徒にアンケートを採り、個々の教師の指導について集計する。保護者の皆様にも、教師の生徒指導の状況について、定期的なアンケートにご協力いただいています。これらそれぞれが効果を挙げて佐鳴予備校の教師陣は指導技術を練磨でき、それが生徒や保護者の皆様からの高い評価につながっているものと自負しています。

ただ、これらの手法には欠点もあります。成績向上率は母数となる生徒の最初の成績が考慮されなければ指導効果の実情を表しませんし、それを正確に反映するのは不可能に近いほど複雑な作業です。模擬授業やビデオカメラを持ち込んだ授業は、その教師の日常の授業とは異なるかもしれません。

教育界初!全教室にネットワークカメラ設置!

現在、佐鳴予備校の、教室、自習室、学力トレーニング教室、玄関などには、ネットワークカメラが設置されています。このカメラの映像は、佐鳴予備校のどの教師のコンピュータからでも見ることができ、また録画も可能です。

たとえば各教室の利用状況を確認し、生徒の学習への集中を促す効果がありますが、何より、日常の授業の様子を全教師が相互に見られる点の意義が大きいのです。

すなわち、佐鳴予備校の教室は常にオープンであり、客観的な状況把握が可能となりました。こういった試みはもちろん教育界初。おそらく、これだけの規模でのカメラ配備は、世界的に見ても教育機関では初めての試みでしょう。

なお、玄関に設置されているカメラは、24時間稼動の防犯用カメラとしてはたらきます。何かと治安の悪化が問題になっている昨今、お子様を預かる立場にある塾には必要不可欠な設備であると考えます。

万全の安全管理体制

昨今の学齢児童が巻き込まれる事件が多発している保安上の事情に鑑み、佐鳴予備校では、玄関ロビーにカメラを設置しました。

また、そのカメラで撮影された映像を24時間録画し続けるシステムを独自に開発し、導入しています。「防犯カメラ作動中」の札を下げるとともにカメラ前面のLEDランプを点滅させることで「監視中」であることを知らせ、事件発生を未然に防ぐ意味合いを持たせています。

また、過去一ヶ月にわたる玄関の映像を常時保存していますので、万一の事件発生時にも、関係者の特定をすばやく行うなど初動捜査に役立つものと考えます。

もちろん問題が発生しないことが最良であり、教師たちは常に不審者の侵入など不測の事態に備えていますが、このようなシステム上の保安設備の充実も、生徒を預かる機関として不可欠であると考えます。