グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



各教科の指導


国語

文章を論理的に読み、考え、表現する力を身につける。

小学生国語は、「基礎知識の習得」と「読解力・表現力の育成」が大きな柱となっています。まずは国語の基礎となる漢字・語句・文法などの知識をマスター。興味深いエピソードを交えつつ、知識を伝授、問題演習や小テストによって定着を図ります。そして、習得した基礎知識を使って「読解力」と「表現力」の練成へ。文章を漠然と読むのではなく、「指示語」「接続語」などのキーポイントに着目した、論理的な読解力を養います。

算数

公式の蓄積ではなく、原理の根本理解を目指す。

小学生算数は、各学年で扱う単元をベースとして授業を進めていきます。単に公式を暗記させるのではなく、計算の原理など根本原理の理解を目指します。こうすることで、教科書内容だけにとらわれない内容の問題にも取り組める力がつきます。小数・分数の計算や割合などの抽象的概念の導入により、難度が急速に上昇する小学校高学年の時期だからこそ、根本理解を大切にする指導を行い、中学生以降の学習へとつなげていきます。

理科

身近な現象の不思議を、科学的な視点から解明

実験や観察を通して理科という教科への興味を湧かせ、中学からのより高度な学習内容が定着しやすくなるよう指導します。身近な現象の不思議を科学的な観点から論理的に思考する習慣を持たせ、「調べる」「考える」「確かめる」「知る」ステップを身につけさせることで、子どもたちの柔軟な思考力を養います。

社会

知識を楽しく習得させ、歴史・地理学習の土壌を形成

歴史・地理に関する基礎学力を身につけさせるとともに、興味関心の芽を育てる指導を行います。社会に関しては、「知っているからこそ、興味が持てる」というのもまた事実。小学生の段階で、さまざまな事柄を「知る」「覚える」ことで形成された記憶の核は、中学進学以降の学習に大きなアドバンテージをもたらします。

英語

将来の英語学習につながるよう、体系的なカリキュラムで指導

小学校からの英語必修化の流れを受け、早期からの英語教育が重視されています。中学・高校・大学につながる英語力を身につけるには、「聞く」「話す」「読む」「書く」すべての技能を修得しなければなりません。これらの4技能を効率よく身につけるために、体系的なカリキュラムで指導し、中学進学後の定期テストや高校入試に向けて成功への足がかりを作ります。