グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



知立本校



ホーム > 知立本校 > 初中等部

初中等部


【対象】小4・小5・小6・中1・中2・中3

イベント・キャンペーン情報

入学生受付中|公開説明会開催!

入学をご検討されている方を対象に「公開説明会」を開催します。さなるの指導方針や学力アップシステムについて説明するとともに、入学案内や授業料などの詳しい資料もお渡しします。この機会に、ぜひ説明会にお越しください!


【対象】小4・小5・小6・中1・中2・中3/生徒・保護者
※保護者の方のみのご参加でもかまいません。



さなる夏期講座 開講!

今年も各校舎で夏期講座を開講します。「今取り組むべき」学習内容を精選した夏期講座で、志望校合格に向けた実力アップ、そして秋からの学校成績アップを目指しましょう。この機会にぜひ、さなるの指導を体験してみてください!



【中学生】さなる式タブレット無料キャンペーン

佐鳴予備校では平日本科コースの入学生を受け付けています。また、中学生を対象に【さなる式タブレット無料キャンペーン】を実施中!詳しくは校舎までお問い合わせください。


【期間】2020年6月1日~9月10日
【対象】上記期間に、平日本科コースに入学された中1~中3生徒
※今までに佐鳴予備校 平日本科コースの入学特典を受けたことのない方が対象です。

前期中間テスト結果


2020年度 愛知県高校入試 合格実績


時間割

2020年3月からの時間割

学年 教科 曜日 時間
小4 算・国・閃きの力 17:55~19:15
17:55~18:35
算・国・英・閃きの力 17:55~19:15
17:15~18:35
小5 算・国・理・社・閃きの力 17:55~19:15
17:55~18:35
算・国・理・社・英・閃きの力 17:55~19:15
小6
残席5
算・国・理・社・閃きの力 17:55~19:15
18:35~19:15
算・国・理・社・英・閃きの力 17:55~19:15
学年 教科 クラス 曜日 時間
中1 英・数・国・理・社
演習・リスニング特訓
A 19:30~22:00
16:45~19:15
B 19:30~22:00
中2 英・数・国・理・社
演習・リスニング特訓
A 19:30~22:00
16:45~19:15
B 19:30~22:00
中3
残席6
英・数・国・理・社
演習・リスニング特訓
A 19:30~22:00
16:45~19:15
B 19:30~22:00
※中学生は週に1回、演習(英数チャレンジ)の時間があります。
※時間割は変更になることがあります。

教室長からのメッセージ

佐々木 俊Syun Sasaki

「Boys, be ambitious. (少年よ、大志を抱け)」
明治初頭、ウィリアム・スミス・クラーク博士が札幌農学校(現北海道大学)を去る際、一期生に向けて発した有名な言葉です。クラーク博士は当時、北海道の開拓をアメリカのシステムで遂行することに意欲を燃やす開拓使初代長官、黒田清隆によって、様々な事業の助力者として雇われました。札幌農学校の初代教頭に就任した際、日本の関係者が考えていた規定や規則を聞いた瞬間、直ちに破棄させ、自らが望むのは「Be gentleman.」この一言に徹すると宣言した人物です。ゆえに学生たちは紳士として扱われることを知り、自らを律し、自重するようになったと言われています。
「Boys, be ambitious. (少年よ、大志を抱け)」はよく知られている言葉ですが、実はこの後に続けて、彼は次のように言っています。「それは金銭に対してでも、自己の利益に対してでもない。また名声を求めることでもない。人として備えていなければならぬ、あらゆるものを成し遂げるために大志を抱け」と。
当時、札幌農学校で学ぶ生徒たちの意気込みは、私利私欲を排除した、それこそ国家の将来のためという「大志」であったに違いありません。現代においても我々が指導する生徒の思いや夢が決して利己的であってはならないと考えます。現代の子どもたちも同様に「大志」を抱き、公のための学問に励んで欲しいと願います。
サナルの教育理念が「学力を以って社会に貢献する人材の育成」であるのは、まさにこの観点から子どもたちの成長を願うからであります。例えば、医者になりたいと願う生徒がいたとします。医師の資格を取得することが終着駅と考えたら、その人間の成長は止まります。どういう医者になっているか、つまり名医として多くの人を助けているような貢献度の高い人材となり、成長を続けていくことが重要と考えます。さらに、生徒の夢は千差万別様々ありますが、共通していることがあります。それは世に出てからの試練が今よりもさらに大きく、過酷なものになっていくということです。そのときに試練を乗り越えんとする人間になるためにも、今のうちから目の前の困難から逃げず立ち向かい、克服すべく挑戦をしていく生徒にさせねばなりません。
私自身、生徒の自己実現に向けては、厳しく鍛え上げる中で、成功体験を積み上げさせてあげたいと考えております。生徒自らが自立して人生を切り開いていくサポートに徹し、保護者の皆様には、サナルに通わせて良かったと、いつか思って頂けるように、教壇から熱い息吹を生徒たちに与え続けていきます。