グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



豊川本部校



ホーム > 豊川本部校 > 豊川本部校(豊川市)初中等部

豊川本部校(豊川市)初中等部


【対象】小4・小5・小6・中1・中2・中3

イベント情報

愛知県三河地区 公立高校説明会2021オンライン

公立高校入試のすべてが分かる!
圧倒的な合格実績を誇る佐鳴予備校が、公立高校説明会をオンラインにて開催!受験から入学後までの貴重な情報と、在校生の生の声をお届けします。


【対象】中学生/生徒・保護者
【日程】11月7日(日) YouTubeライブ配信

★参加無料★ ※事前申し込みが必要です。


公立高校説明会2021オンライン

平日本科コース|公開説明会

さなるがわかる!指導内容&学力アップシステムについて説明
入学をご検討されている方を対象に公開説明会を開催します。佐鳴予備校に興味のある方なら、どなたでも参加できます!


【対象】小4~中3/生徒・保護者
※保護者の方のみのご参加でもかまいません。
※説明会のご予約は必要ありません。直接校舎にお越しください。

★参加無料★


教室の様子

平日本科コース|入学生受付中!

秋からの学力アップを、さなるが全力で応援します!
佐鳴予備校では、平日本科コースの入学生を受け付けています。さなるの指導は、中学生は目標達成までを徹底サポートし、成功を自信につなげます。小学生は、知識と思考力を伸ばし、教科内容をしっかり定着させます。

平日本科コース体験授業 受付中!
実際の教室を見学したり授業を体験したりすることできます。入学を検討されているお子様の不安を解消することができます。ぜひお試しください!


タブレットを持つ女子生徒


【中3】さなるの受験対策

徹底的に鍛えるプログラム。志望校合格に向かって一気にGO!
秋から冬にかけては、夏に培った基礎力を応用力・実践力に発展させる勉強が必要です。各種テストを成功させたい多忙な秋、受験校決定を迫られる冬。第一志望校合格までの道のりを、さなるの入試対策プログラムが全力でサポートします。


■エボリューションコース(平日本科コース+土日本科コース)
■土日本科コース
※どちらかを選択して受講することができます。

中学生が受講している様子


1学期期末テスト結果

豊川本部校_1学期期末テスト結果


2021年度 愛知県高校入試 合格実績

2021年度 愛知県高校入試 合格実績


保護者の声をご紹介!

保護者_母親

小学5年生の保護者
本当に楽しそうに通っています
学校とは違うお友達に囲まれて、本当に楽しそうに通っています。
学校ではなかなか自分が出せないようですが、サナルでは思いっきり発言したりしているようで、帰ってくると嬉しそうに授業であったことなどを報告してくれます。安心して通わせています。以前は嫌いだった文章題なども、すすんで取り組むようになりました。

保護者_母親

中学3年生の保護者
親身になって相談にのってくれます
親も子も初めての受験でとても不安な中、いろいろと親身にご相談に乗っていただいて本当に感謝しています。勉強以外の子どもへの接し方なども教えてくださって助かります。
娘も不安を抱えていた時がありましたが、なぜかサナルから帰ってくると、吹っ切れたように元気に帰ってきます。また、目先の受験だけではなく、子どもの将来を考えてアドバイスをいただけるので、大変な受験勉強でも、頑張って取り組めているのだと思います。
※2020年12月25日作成

時間割

2021年度 時間割

学年 教科 曜日 時間
小4 算・国・閃きの力 17:55~18:35
17:55~19:15
算・国・英・閃きの力 17:55~18:35
17:15~19:15
小5 算・国・理・社・閃きの力 17:55~18:35
17:55~19:15
算・国・理・社・英・閃きの力 17:15~18:35
17:55~19:15
小6 算・国・理・社・閃きの力 18:35~19:15
17:55~19:15
算・国・理・社・英・閃きの力 18:35~19:15
17:15~19:15
学年 教科 クラス 曜日 時間
中1 英・数・国・理・社
リスニング特訓
19:30~22:00
16:45~19:15
19:30~22:00
中2 英・数・国・理・社
リスニング特訓
19:30~22:00
16:45~19:15
19:30~22:00
中3 英・数・国・理・社
リスニング特訓
19:30~22:00
16:45~19:15
19:30~22:00
※時間割は変更になることがあります。

教室長からのメッセージ

佐鳴予備校の教師_佐々木 俊

佐々木 俊 Shun Sasaki
「Boys, be ambitious. (少年よ、大志を抱け)」
明治初頭、ウィリアム・スミス・クラーク博士が札幌農学校(現北海道大学)を去る際、一期生に向けて発した有名な言葉です。クラーク博士は当時、北海道の開拓をアメリカのシステムで遂行することに意欲を燃やす開拓使初代長官、黒田清隆によって、様々な事業の助力者として雇われました。札幌農学校の初代教頭に就任した際、日本の関係者が考えていた規定や規則を聞いた瞬間、直ちに破棄させ、自らが望むのは「Be gentleman.」この一言に徹すると宣言した人物です。ゆえに学生たちは紳士として扱われることを知り、自らを律し、自重するようになったと言われています。
「Boys, be ambitious. (少年よ、大志を抱け)」はよく知られている言葉ですが、実はこの後に続けて、彼は次のように言っています。「それは金銭に対してでも、自己の利益に対してでもない。また名声を求めることでもない。人として備えていなければならぬ、あらゆるものを成し遂げるために大志を抱け」と。
当時、札幌農学校で学ぶ生徒たちの意気込みは、私利私欲を排除した、それこそ国家の将来のためという「大志」であったに違いありません。現代においても我々が指導する生徒の思いや夢が決して利己的であってはならないと考えます。現代の子どもたちも同様に「大志」を抱き、公のための学問に励んで欲しいと願います。
サナルの教育理念が「学力を以って社会に貢献する人材の育成」であるのは、まさにこの観点から子どもたちの成長を願うからであります。例えば、医者になりたいと願う生徒がいたとします。医師の資格を取得することが終着駅と考えたら、その人間の成長は止まります。どういう医者になっているか、つまり名医として多くの人を助けているような貢献度の高い人材となり、成長を続けていくことが重要と考えます。さらに、生徒の夢は千差万別様々ありますが、共通していることがあります。それは世に出てからの試練が今よりもさらに大きく、過酷なものになっていくということです。そのときに試練を乗り越えんとする人間になるためにも、今のうちから目の前の困難から逃げず立ち向かい、克服すべく挑戦をしていく生徒にさせねばなりません。
私自身、生徒の自己実現に向けては、厳しく鍛え上げる中で、成功体験を積み上げさせてあげたいと考えております。生徒自らが自立して人生を切り開いていくサポートに徹し、保護者の皆様には、サナルに通わせて良かったと、いつか思って頂けるように、教壇から熱い息吹を生徒たちに与え続けていきます。