グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



授業へのこだわり


「息吹」を与える授業  Commitment to Class

私たちは、子どもたちの中に希望の炎を燃え立たせ、前向きな意欲を湧き上がらせることが教師の使命であると考えます。
何のために勉強しなければならないのか。勉強することにどんな意味があるのか。そういう話を通じて子どもたちに将来の夢や目標を持たせることも大切なことです。

また、成績が伸び悩み、あきらめかけている子どもたちにこんな話をすることがあります。
「サーカスの象は鎖で杭に繋がれている。彼の力なら、鎖を引きちぎり、あるいは杭を引き抜いて逃げるのは造作もないことなのに、それをしない。実は、小象の頃に何度も逃げようとしたのだが、そのたびに失敗した。だから、大きくなっても絶対に逃げられないと思い込んでしまった。この思い込みが自分の力に自分で限界を作ってしまう。
人間だってサーカスの象と同じだ。『自分には無理だ』と、自分で思い込んでしまったら本当に無理になってしまう。『自分にもできるかもしれない、いや絶対できるはずだ!』という強い気持ちを持つことから始めよう。」

こういう話で、授業時間を割くこともあります。子どもたちから尊敬を集め、確かな信頼関係ができている教師から聞くこういった話は、時として分かりやすい授業そのものよりも本人の成長に影響を与えるのです。

子どもは、だれもが本来、向上心や夢を持っているものです。これから伸びようとする彼らに、どれだけ大きな夢を与えられるかは、教師の語りかけ次第です。
もちろん、教師のはたらきかけが生徒の将来をすべて決定するなどと思い上がっているわけではありませんが、生徒の人生に「息吹」を吹き込めたら、それは素晴らしいことです。それが教育の原点ではないでしょうか。